フライ・ゼリーフライが100年フードに認定されました

更新日:2022年03月15日

文化庁が認定する「100年フード」として、令和4年3月3日付で行田市の「フライ・ゼリーフライ」が「近代の100年フード部門 ~明治・大正に生み出された食文化」において、100年フードに認定されました。

埼玉県内では他に草加せんべい(草加市)と、五家宝(熊谷市)が認定となりました。

100年フードについて

100年フードとは

文化庁が新たに創設しました、地域の風土や歴史に根差した多様な食文化が世代を超えて
受け継がれ、長く地域で愛されてきた食文化を「100年フード」といいます。
 

認定条件

1.地域の風土や歴史・風習で個性を活かしながら創意工夫され、育まれてきた地域特有の食文化
(全国一律の食材や加工品ではなく、地域に根差したストーリーを持つ食文化)
2.地域において、世代を超えて受け継がれ、食されてきた食文化
(単に一人、一店による料理ではなく地域の広がりの中で、二世代以上に渡って継承され現存する食文化)
3.その食文化を、地域の誇りとして、100年を超えて継承することを宣言する団体が存在する食文化
 

100年フードに認定されてできること

・認定団体のみに配布されるロゴマークの活用

・公式ウェブサイトや文化庁主催のオンラインシンポジウム・イベント等における当該食文化や団体の活動事例の発信

・100年フードに認定されたことを示す加工可能なフォーマットデータの活用

100年フードロゴマーク

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課
〒361-8601 埼玉県行田市本丸2番5号
電話番号:048-556-1111
ファクス:048-553-5063
メールフォームによるお問い合わせ