稲わらの早期秋すき込みを行いましょう!

更新日:2022年01月20日

近年、台風や爆弾低気圧等の影響により、稲刈り後の稲わらが田や用排水路、道路に流出・散乱するなどの被害が発生しています。

そのため、稲収穫後、土づくりと大雨や台風の襲来に備えてできる限り速やかに耕耘し稲わらをほ場にすき込みましょう。

また、早期すき込みは雑草や病害虫の予防効果が期待できます。

この記事に関するお問い合わせ先

農政課
〒361-8601 埼玉県行田市本丸2番5号
電話番号:048-556-1111
ファクス:048-556-4933
メールフォームによるお問い合わせ