ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康診査 > 令和元年度特定健診が始まりました。

ここから本文です。

更新日:2019年5月31日

特定健康診査(特定健診)のご案内

行田市国民健康保険にご加入の皆様へ

令和元年度の特定健診の対象の方には、5月下旬に受診券を送付しています。

大切なあなたの健康を守るため、年に一回は必ず特定健診を受診しましょう。

※特定健診と市の助成を受ける人間ドック(併診ドック)の両方を受診することはできません

特定健診とは

特定健診は、生活習慣病のリスクを早期に発見するための健診です。

生活習慣病は、自覚症状なく進行し、重症化すると、脳梗塞や心筋梗塞などを突然発症し、重篤になることもあります。

年に一回は必ず健診を受けて健康チェックを行い、健康寿命を延ばしましょう。

対象者

行田市国民健康保険に加入している方(4月1日時点)で、当該年度中に40歳から74歳になる方

(年度中に75歳になる方で、健診受診日において74歳の方も対象となります。)

 ※年度途中で社会保険等に加入された方や市外に転出した方は、行田市国保で実施する特定健診は受診できません。

 ※社会保険等に加入されている方の特定健診の受診につきましては、ご加入の医療保険者(保険証の発行元)にご確認ください。

実施時期

令和元年6月1日(土)~令和2年2月29日(土)まで

※12月までに受診された方に、下記のとおり行田市オリジナルの受診特典をご用意しております。

  • 初めて受診される方、または3年間以上継続して受診している方の各10名の中から抽選で、行田市内共通商品券(5000円分)をプレゼント
  • 受診された方の中から抽選で、行田市総合体育館トレーニング室利用券(7回分)をペアで100組200名にプレゼント

(期間内に受診された方は、自動的にエントリーされます)

※当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。(3月頃発送予定)

特定健康診査の受診方法

下記の「実施医療機関」をご覧になり、希望する実施医療機関へ直接お申し込みください。

費用

  • 70歳以上の方:無料(年度内に70歳になる方も含みます)
  • 70歳未満の方:500円(受診時に医療機関にお支払いください。)
  • 市・県民税非課税世帯の方は、申請していただくことで費用が免除になりますので、受診前に国民健康保険証と受診券を持参の上、保険年金課までお申し出ください。

受診時に気をつけていただくこと

  • 前日はアルコールの摂取や激しい運動は控えてください。
  • 健診結果に影響を及ぼすため、健診前10時間は、水以外の飲食物を摂らないでください。
  • 受診券を受領しても妊産婦、医療機関や福祉施設(障がい者入所施設、老人保健施設等)に6か月以上入院、入所している方は、特定健診の対象外となります。

実施医療機関

令和元年度行田市国民健康保険特定健診実施医療機関一覧

*印の医療機関は、詳細な検診の項目のうち眼底検査が実施できる機関です。

 

 

医療機関名

電話番号

住所

1

(医)赤井胃腸科 553-2233 門井町2-10-32

2

荒木医院 559-3102 真名板2065

3

(医)池畑クリニック 556-2295 宮本16-1

4

(医)石井クリニック 555-3519 下忍1089-1

5

いわね内科クリニック 554-1313 佐間2-16-31

6

(医)加藤内科医院 556-3253 旭町3-2

7

(医)川島胃腸科 553-0001 佐間1-18-39

8

(医)行田岡田医院 557-2311 北河原102-1

9

*医療生協さいたま行田協立診療所

556-4581 本丸18-3

10

*行田中央総合病院健康管理センター

553-2426 富士見町2-17-17

11

(医)栗原医院 556-2272 本丸11-35

12

小林内科医院 552-0362 谷郷2026-1

13

さかつめ内科医院 553-5202 城西1-6-22

14

*(医)壮幸会行田総合病院 552-1111 持田376

15

田代医院 553-2351 向町1-22

16

なすクリニック 550-4000 忍2-19-1清水ビル1F

17

(医)根本医院 555-1261 行田10-22

18

松原医院 553-6700 長野1-31-10

19

(医)南川げんきクリニック 554-8835 小見1400-1

20

*やまかわ内科クリニック 564-1488

壱里山町18-6マルオカビル2F

21

(医)吉田記念山本クリニック 558-3507 埼玉4719

 

けんこうまもる 

 

セルフメディケーション税制について

平成29年1月1日から、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)が創設されたことに伴い、一定の取組(特定健診や人間ドックの助成)を受けた証明書が必要な方は、保険年金課まで事前にお問い合わせください。

特定保健指導

  • 特定健康診査の結果により、生活習慣の改善の必要度が高いと判定された方には、特定保健指導を実施します。 保健指導
  • 医師、保健師、管理栄養士などの専門家の指導を受けながら、生活習慣の改善を目指します。
  • 日ごろの生活習慣を振り返り、改善することにより生活習慣病の発症を未然に防ぐことができます。 

※特定健診の結果から該当となった方で、動機づけ支援の方は医療機関にて、積極的支援の方は保険年金課から改めてご案内を送付し、特定保健指導を実施いたします。積極的にご活用ください。

 

 関連情報リンク

 

お問い合わせ

健康福祉部保険年金課国保担当

電話番号:048-556-1111(内線271・272)

ファクス:048-554-0199