水城公園のホテイアオイについて

更新日:2022年08月18日

ホテイアオイは、南米原産の浮遊植物です。葉柄の中程の丸く膨れているところが、七福神の布袋様のおなかに似ていることからこの和名が付きました。

ひとつの花はその日の夜には萎れてしまいます。つまり、翌日に咲いている花は、前日とは別の花ということになります。

開花は年に2回から5回ほどあり、1回の満開は3日ほど続きますが、満開は不定期に訪れます。

ホテイアオイの様子

ホテイアオイは咲く期間が短いため、見ごろを逃さぬよう随時公開してまいります。

令和4年8月16日

今日はとても暑い1日でした。

池の護岸を改修するため、今年はコミュニティセンター前で投込みを行ったホテイアオイですが、暑さの中、見事な開花を見せていました。

昨年もそうでしたが、近年は開花のタイミングが少し早いようです。

今後も何度か開花が訪れると思いますので、当ページを御確認のうえ、ぜひお越しください。

8月16日ホテイアオイ