【住宅改修資金補助制度】 令和4年度の受付は終了しました

更新日:2022年07月11日

行田市住宅改修資金補助制度は、予算の上限に達したため、申請の受付を終了いたしました。

住宅改修資金補助制度のご案内

市民の方が市内の施工業者により個人住宅等の改修工事を行った場合に、市がその費用の一部を補助します。

補助対象住宅

市民が市内に所有する個人住宅(賃貸住宅、店舗、事務所等を除く)

併用住宅の場合は、個人住宅部分のみが対象となります。

対象者の要件

次の要件にすべて該当する方が対象となります。

  • 対象住宅の所有者かつ居住者であること
  • 市税などを滞納していないこと
  • 対象となる改修工事について、市が実施する他の同様の補助金または助成を受けていないこと

補助対象工事

令和4年4月1日以降に市内施工業者が行う改修工事で、20万円(消費税抜き)以上のもの(令和5年3月31日までに完了する工事に限る)。 ただし、特例として、新型コロナウイルス感染症の影響による部材の入荷遅延等により工事の開始または完了が遅れ、かつ、令和3年10月1日から令和4年3月31日までに完了した工事も対象とします。

  • 住宅の内装又は外装の改修等に係る工事
  • 住宅の増築又は間取りの変更に係る工事
  • 居室、浴室、玄関、台所、トイレ等の工事
  • 住宅に附帯する外構施設(駐車場、塀、門、外灯等)に係る工事
  • その他、市長が適当と認める工事

 

工事内容について

工事内容については、下記をご確認ください。詳細は、商工観光課にお問い合わせください。

補助金額

改修工事費(消費税抜き)の5%相当額で、上限は10万円です。

(注意)補助金の交付は、個人住宅につき1回限りです。

提出書類

  1. 住宅改修資金補助金交付申請書兼請求書(様式第1号)
  2. 住民票 (注意)市民課窓口で取得ください(申請者本人のみ記載、本籍・マイナンバー不要)
  3. 未納税額のないことの証明書(完納証明書) (注意)税務課窓口で取得ください(申請者本人のもの)
  4. 固定資産税の課税明細書またはそれに代わる書類(課税台帳) (注意)税務課資産税担当窓口で取得可能です
  5. 工事証明書(様式第2号)
  6. 改修工事前と改修工事後の現場写真(日付入りのもの)(任意様式)
  7. 改修工事の工事内訳書(様式第2号別紙)(見積書、請求書及び契約書等、工事の明細がわかるもの)
  8. 領収書の写し

添付書類についての詳細は下記をご覧ください。

関連ファイル

提出先

商工観光課(市役所2階)

提出期限

工事完了日の属する月から起算して6月後の末日又は令和5年3月31日のいずれか早い日

※ただし特例の場合は令和4年5月13日(金曜日)が提出期限となります

その他

  • 申請は工事完了後に行ってください(工事完了及び支払い後に申請を受け付けます)。
    (注意)予算の範囲内での補助となりますので、申込状況によっては年度途中で終了する場合があります。
  • 住宅用火災報知器が未設置の場合、改修工事と併せて設置するようお願いします(法律で設置義務が定められているので、設置された場合でも補助対象工事の対象外になります)。
  • 市内施工業者は可能な限り県産木材の使用に努めてくださるようお願いします。
  • 現地を確認させていただく場合があります。

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課
〒361-8601 埼玉県行田市本丸2番5号
電話番号:048-556-1111
ファクス:048-553-5063
メールフォームによるお問い合わせ