マイナンバーカードの申請サポートについて

更新日:2022年07月13日

マイナンバーカードを作成したいと思っていても、顔写真を用意するのが大変だったり、スマートフォンを持っていなかったり、どうやって申請したらよいか分からなかったりしませんか?

市民課ではマイナンバーカードの申請(顔写真の撮影から申請手続まで)をお手伝いします。

マイナンバーカードは、コンビニエンスストアなどで住民票の写しなどの証明書の取得や健康保険証としての利用など便利なカードです。この機会に、マイナンバーカードを作りませんか。

※申請してカードができあがるまでに通常約1ヵ月かかります。

申請サポートのメリット

予約不要

下記の持ち物をお持ちであれば、何かの用事で市役所にいらっしゃったときに予約せずに申請ができます。

所要時間は10分~15分程度です。

市民課窓口にて「マイナンバーカードの発行申請がしたい。」とお伝えください。

※窓口の状況によりお待ちいただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

手数料無料

職員が顔写真の撮影を行いますので、写真代は不要です。

※撮影した顔写真を印刷して持ち帰ることはできません。

メールアドレスが不要

通常、オンラインでマイナンバーカードを申請する場合は、自分のメールアドレスが必要ですが、このサービスでは市民課が用意したメールアドレスを使います。

マイナンバーカードは自宅に郵送

できあがったマイナンバーカードは、自宅に本人限定受取郵便(特例型)で郵送します。

※受取ができなかった場合は、市民課窓口でお受取いただきます。

対象者

・初めてマイナンバーカードを申請される行田市民の方(市外の方、再申請の方は対象外)

・申請日から2カ月程度、住所・氏名の変更予定のない方

※新生児や海外から転入した方などは、個人番号通知書が郵送された後に申請できるようになります。

お持ちいただく物

1.本人確認書類

  • 官公署発行の顔写真付きの書類(運転免許証、パスポート、在留カード、障害者手帳など)は1点
  • 顔写真付きではない書類(保険証、年金手帳、子ども医療費受給者証、学生証、社員証、通帳など)は2点

※有効期限の記載のあるものは期限内に限る。

※「氏名・住所」または「氏名・生年月日」の記載があるもの。

 

2.通知カード(所有者のみ)

  • 紛失された場合は、紛失届の記入が必要です。

 

3.住民基本台帳カード(所有者のみ)

  • 紛失された場合は、廃止届の記入が必要です。

 

4.マイナンバーカード申請書(所有者のみ)

  • 紛失された場合は、再発行します。

 

実施場所

市役所1階 市民課

実施日時

平日 午前9時から午後4時40分まで(正午から午後1時を除く)

日曜日 午前9時から午前11時40分まで(第3土曜日の翌日にあたる日曜日を除く)

※土曜日・祝日・年末年始は実施していません。

 

注意事項

  • 顔写真の撮影がありますので、申請は本人が市民課までお越しください。代理申請はできません。
  • 15歳未満または成年被後見人の方が申請する場合は、法定代理人が、自身の本人確認書類と代理権の確認書類を持参して同行してください。
  • 申請当日に、マイナンバーカードをお渡しすることはできません。
  • マイナンバーカードは、地方公共団体情報システム機構が全国の申請を一括して受付しています。何かしらの理由で申請が不備となった場合は、再申請が必要となります。

関連リンク