開館35周年記念 第32回テーマ展「縄文・弥生の足あと―古墳以前の行田を知る―」

更新日:2022年06月28日

第32回テーマ展「縄文・弥生の足あと―古墳以前の行田を知る―」ヘッダー画像

展覧会の概要

行田市は埼玉古墳群をはじめとする豊かな古墳文化が展開したことで知られています。一方で、市内における古墳時代以前の縄文・弥生期の遺構は比較的少なく、あまり知られていません。しかし、この地で暮らした当時の人々は、遺跡や土器など確かな足あとを残しています。

今回の展示では、古墳時代が開始する以前の行田市域にスポットを当て、市内の遺跡・資料を中心に人々の暮らしの痕跡を紹介します。

来場案内

会期

展示期間

令和4年7月2日(土曜日)~8月28日(日曜日)

開館時間

午前9時~午後4時30分まで(最終入館受付は午後4時まで)

展示期間中の休館日

7月4日(月曜日)、11日(月曜日)、19日(火曜日)、25日(月曜日)

8月1日(月曜日)、8日(月曜日)、22日(月曜日)

  • 7月19日(火曜日)は祝翌日のため休館いたします。
  • 8月11日(金曜日・祝翌日)および8月15日(月曜日)は、お盆期間のため開館いたします。

入館料

次のリンクのページをご覧ください。

会場

郷土博物館 企画展示室

関連イベント

次のリンクのページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

郷土博物館 学芸グループ
〒361-0052 埼玉県行田市本丸17-23
電話番号:048-554-5911
ファクス:048-553-4951
メールフォームによるお問い合わせ