食中毒の発生に注意しましょう!

更新日:2022年06月13日

肉の生食や半生は食中毒になるリスクが高くなります。肉は中心部までしっかりと加熱してください。ご自身の健康及び大切なご家族やご友人を守る意味においても「肉の生食や半生」は

  1. しない
  2. させない
  3. すすめない

ようにしましょう。

また、アニサキス食中毒も増加傾向にあります。アニサキスは多くの魚介類にいる寄生虫で、主症状は激しい腹痛です。予防するために、新鮮な魚を選ぶこと、魚を丸ごと1匹で購入した際は、速やかに内臓を除去し、生で内臓を食べないようにしましょう。加熱調理又は冷凍(マイナス20℃で24時間以上)をするとより有効です。

 

有毒植物を原因とする食中毒患者の約半数が60歳以上です。まちがいなく食用だと判断できない植物は

  1. 採らない
  2. 食べない
  3. 売らない
  4. 人にあげない 

ようにしましょう!観賞植物は有毒のものもあります。野菜としっかり分けて栽培するようにしましょう。 

お問い合わせ先:加須保健所 生活衛生・薬事担当(電話番号0480‐61‐1216)

この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり課(保健センター内) 健康づくりグループ
〒361-0023 埼玉県行田市長野2-3-17
電話番号:048-553-0053
ファクス:048-555-2551
メールフォームによるお問い合わせ