熱中症を予防しよう

更新日:2022年07月04日

これから暑い時期、気を付けたいのが「熱中症」です。

特に梅雨明けの急に熱くなる7月は体が暑さに慣れていないため、例年熱中症による救急搬送者数や死亡者数が急増しています。

最高気温が35度以上の猛暑日も増加しているので、「昔はエアコンがなくても過ごせていた」とエアコンを活用せずに過ごすのは注意です。

さらに、新型コロナウイルス感染症対策として、マスクを着用した状態では熱がこもりやすく、熱中症の危険性がさらに高まります。

熱中症は命に関わる病気です。正しい予防法を知り、自分の身を守りましょう。

 

熱中症から身を守るポイント

  1. 高齢者は上手にエアコンを
  2. 暑くなる日は要注意
  3. 水分を小まめに補給
  4. 「おかしいかな」と思ったら病院へ
  5.  周りの人にも気配りを

熱中症かもしれないと思ったら

熱中症は軽い症状だと思っても急に重症化し、命に関わることがあります。熱中症を疑う症状がある場合、すぐに応急処置を行いましょう。また症状によっては、速やかに医療機関を受診したり、救急車を呼んだりすることが大切です。素早い判断と適切な処置が命を救います。

クールオアシスとは?

外出時にめまいや立ちくらみなど熱中症と思われる症状が出た場合に備えて市内にに「クールオアシス」を実施しています。

また、夏の暑さで気分の悪くなった方のために”熱中症対策応急キット”を用意しております。キットの中には、経口補水液、冷却剤、冷却水、体温計などが入っています。

 

設置場所
  【熱中症対策応急キット設置場所】
1 中央公民館
2 忍・行田公民館
3 佐間公民館
4 長野公民館
5 桜ヶ丘公民館
6 星河公民館
7 持田公民館
8 荒木公民館
9 須加公民館
10 北河原公民館
11 埼玉公民館
12 星宮公民館
13 太井公民館
14 下忍公民館
15 太田公民館
16 南河原公民館
17 地域文化センター
18 本庁舎
19 保健センター
20 地域包括支援センター緑風苑
21 地域包括支援センターまきば園
22 地域包括支援センターふぁみぃゆ
23 地域包括支援センターほんまる
24 地域包括支援センター壮幸会
25 やすらぎの里

「熱中症おたすけ隊」が出張で講座を実施します

市では市民けんこう大学院や健康マイスター養成講座に参加した方の内、さらに熱中症予防対策の知識を習得した市民を「熱中症おたすけ隊」としています。

熱中症おたすけ隊は、広く市民の方に熱中症に関する正しい知識を普及啓発するため、出張し熱中症に関する講座を行います。是非ご活用ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり課(保健センター内) 健康づくりグループ
〒361-0023 埼玉県行田市長野2-3-17
電話番号:048-553-0053
ファクス:048-555-2551
メールフォームによるお問い合わせ