2歳未満の子どもにマスクを使用するのはやめましょう

更新日:2024年02月20日

乳児のマスク使用ではとても心配なことがあります

  • 乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ呼吸や心臓への負担になります。
  • マスクそのものや嘔吐物による窒息のリスクが高まります。
  • マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まります。
  • 顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れるなど乳児に対する影響が心配されます。

世界の新型コロナウイルス小児感染症から次のような点がわかってきました

  • 子どもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である。
  • 子どもの重症例はきわめて少ない。
  • 学校、幼稚園や保育所におけるクラスター(集団)発生はほとんどない。

子どもの新型コロナウイルス感染症は今のところ心配が少ないようです。

2歳未満の子どもにマスクを使用するのはやめましょう。

参考:公益財団法人日本小児科医会

この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり課(保健センター内) 母子保健グループ
〒361-0023 埼玉県行田市長野2-3-17
電話番号:048-553-0053
ファクス:048-555-2551
メールフォームによるお問い合わせ