ホーム > 教育・文化・スポーツ > 行田市の学校給食 > 給食が届くまで

ここから本文です。

更新日:2014年6月3日

給食が届くまで

献立作成4か月前

栄養士による原案作成

栄養バランス・季節・調理上の制約・子どもたちのし好・子どもたちに食べてもらいたい食材等を総合的に考えて作成しています。

調理上の検討

栄養士と調理責任者(委託)で、調理製作過程の側面から献立内容の検討を行います。

献立研究部会

学校給食調査研究委員さん(以下、委員)から意見をいただき、子どもたちの声を反映させた献立が決定します。

物資の見積もり3か月前

物資選定部会

決定した献立に沿って、使用物資を決定します。

委員さんに試食をしていただき、味や大きさ等を実際に見ていただいて物資を決定します。

また、不要な添加物の使用の有無や生産地証明書による生産地のチェックをして、安全性を確認しています。

発注1か月前

物資選定部会で決定したものを発注します。

物資の検収

発注量や品物の良し悪し、温度管理が正しくできているかを確認し、合格したもののみ納品されます。

調理

 現場栄養士により調理手順や味の確認が行われ、衛生的に調理します。

検食

みなさんが食べる40分前に、センター職員による検食が実施され、安全性を確認しています。

配送・配膳

ご飯(パン・めん)・牛乳は、それぞれの業者から直接学校へ運ばれます。おかずは専用コンテナに入れられ、学校給食センターから各学校へ運ばれます。

お問い合わせ

学校教育部学校給食センター担当

電話番号:048-553-1114

ファクス:048-554-9949