ホーム > 教育・文化・スポーツ > 献立について > 栄養士ボード

ここから本文です。

更新日:2019年6月13日

栄養士ボード

メニュー紹介

令和元年6月分学校給食食材の産地(予定)です。(PDF:108KB)

6月は、埼玉中学校のリクエスト献立です。

   6日17日(Aコース)・ 18日(cコース)

     わかめごはん、コーヒーミルク、豆腐チゲ、紅芋ゴマ団子、ナムルです。                          

    お楽しみに! 

6月のおはなし

6月4日からは、歯と口の健康週間が始まります。

 いよいよ梅雨いりも近くなってきました。この時季は、とくに食中毒の予防が大切です。

 食事前の手洗い、食品の保存などの衛生に十分注意しましょう。

  そして、4日からは、歯と口の健康週間が始まります。「よくかむ」ことを意識して食べましょう。

 

 よくかんで食べるには

  ・食べ物は少しずつ口に運ぶ。

    ひと口30回を目安に噛むとよい

  ・汁ものや飲み物といっしょに口の中のものを流し込まない。

  ・かみごたえのあるシーフード、根菜類、豆類、きのこ、海藻などを食事にとりいれる。

    かむ回数ランキング多いのは

     194回 いわしの丸干し

     162回 せんべい

     108回 フランスパン

     82回  刻みキャベツ

     80回  いかの刺身

  ・時間に余裕をもって食べる。テレビなどを見ながら食べるのはやめましょう。

 

 むし歯を防ぐ食べ方

  ・かむ回数を多くしよう

  ・ながら食べやだらだら食べない

  ・おやつは時間を決めて食べる。

  ・食べたら歯みがきを忘れずに!

 

 歯をじょうぶにする(毎日の食事から)

  ・カルシウムを多く含む食べ物を食べる

   牛乳、チーズ、小魚、海藻、豆腐

  ・ビタミンDを多く含む食べ物を食べる

   たまご、レバー、干ししいたけ、さばなど青魚

    

  

衛生管理のピンチ ❝あるある❞

 あるあるピンチ 1

 「いただきます」の前、簡単に手洗いだけですませている。

  せっけんを使ってよく洗い、清潔なハンカチでよくふきとりましょう。

 あるあるピンチ 2

  試合や遊びのときに、ついお弁当や飲み物を炎天下に放置したままのことがある。

   食品は高温になる場所や直射日光を避け、涼しい場所に保管します。一度口をつけたペットボトル

   飲料は早く飲み切りましょう。

            

 食品管理や衛生に気をつけましょう。

  食中毒予防の3原則は、菌を「つけない」「ふやさない」「やっつける」です。

  「つけない」対策は、調理や食事前の手洗いと調理器具の殺菌。

  「ふやさない」対策は、冷蔵庫を過信せずに調理後は時間を置かずに食べきる。

  「やっつける」対策は、食材の十分な加熱です。

   食べる前には、手をしっかり洗おう。

     

  ◎学校給食用食材等に関する情報です。  

   学校給食物資の調達等について、平成23年3月11日発生の東日本大震災に伴う原子力発電所事故の影響が懸念されるなか、行田市立学校給食センターでは、下記に留意しながら安全な学校給食が提供できるよう進めております。

★国および県が発表する食に関する情報の収集に努め、適切に対応していきます。

< 参考>

 

 学校給食食材放射性物質測定結果 

 検査日    食材名    産地    測定結果(Cs-134・Cs-137)

  6月6日          キャベツ   千葉      不検出

        人参         埼玉    不検出

        ごぼう    群馬      不検出

  6月13日   キャベツ     茨城    不検出

        きゅうり      千葉    不検出

        玉ねぎ     行田    不検出 

                  *Nalシンチレーション検出器によるガンマ線測定

           *検出限界:20Bq/kg       20Bq/kg未満は「不検出」と表示します。       

 

 

 

 

 

 

 

                    

 

 yasai

 

お問い合わせ

学校教育部学校給食センター担当

電話番号:048-553-1114

ファクス:048-554-9949