ここから本文です。

更新日:2019年4月7日

 御三階櫓 

かつての御三階櫓は、現在の水城公園付近にあたる位置に建っていましたが、明治時代の忍城解体にともない破却されました。現在の御三階櫓は、郷土博物館の開館に合わせて昭和63年(1988年)に場所を移して再建され、内部は展示室として見学することができます。

※御三階櫓には、郷土博物館の館内からご入場いただけます。また、上下階への移動は階段のみとなりますのでご注意ください。

御三階櫓内部

 

 各階案内

展示室は2階から上の階です。渡り廊下が1階部分に相当します。

忍城と城下町(2階)

近世の忍城とその城下町、周辺の村々に暮らした人々の姿を、生活用具や絵図などから紹介しています。 櫓2階

 ▲ページ上部に戻る

近・現代の行田(3階)

産業の発展や行政制度の変化、学校の移り変わりなどを通じて、行田における近代化を紹介しています。 櫓3階

 ▲ページ上部に戻る

展望室(4階)

御三階櫓の最上階です。四方の窓から行田の街並みを一望できます。  櫓4階

 ▲ページ上部に戻る

 

お問い合わせ

生涯学習部郷土博物館学芸担当

電話番号:048-554-5911

ファクス:048-553-4951

〒361-0052 埼玉県行田市本丸17-23