ここから本文です。

更新日:2020年9月8日

企画展示室 

開催中の展覧会 

  • 準備中です。

▲ページ上部に戻る

次回の展覧会 収蔵品展「忍藩主松平下総守家」 

松平下総守家は、徳川家康の長女亀姫と三河国の武将奥平信昌の四男松平忠明を初代とする大名家です。文政6年、9代忠堯(ただたか)のときに武蔵忍に国替えとなり、以後は転封することなく明治維新を迎えました。

城下町は、維新の時に藩主であった大名家と明治以降も深いつながりを持つ場合が多く、行田にも松平下総守家に関する資料が数多く残されています。本展覧会では、郷土博物館が開館以来収集した松平下総守家に関する資料や、忍東照宮に伝来した資料を一堂に展示し、大名家の文化や松平家の歴史を紹介します。

【展示期間】10月10日(土曜日)~11月23日(月曜日・祝日)

【開館時間】午前9時~午後4時30分(最終入館午後4時)

【期間中の休館日】10月12・19・26日、11月2・4・9・16日

【入館料】大人200円、高校・大学生100円、小・中学生50円(※20人以上で団体料金適用)

【会場】郷土博物館企画展示室(1階)

※関連イベント、講演会等は実施しません。

※図録の刊行・頒布を予定しています。

企画展の延期について

郷土博物館では第34回企画展「足元から紐解く生活史」の開催を今秋に予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響による事業変更により、開催を延期することとなりました。楽しみにお待ちいただいているところ、誠に申し訳ございません。

延期後の開催日程につきましては、詳細が決定したのち、当館ホームページ等で改めてお知らせいたします。

過去の展覧会 

▲ページ上部に戻る

 

お問い合わせ

生涯学習部郷土博物館学芸担当

電話番号:048-554-5911

ファクス:048-553-4951

〒361-0052 埼玉県行田市本丸17-23