ここから本文です。

更新日:2021年10月9日

企画展示室 

開催中の展覧会 第34回企画展「足元から紐解く生活史」 

看板

私たちの生活に欠かせないアイテムの一つ、履物。行田市は行田足袋や南河原スリッパの産地であり、履物と縁の深い土地です。本展覧会では身近な履物の歴史を辿ると共に、そこから見えてくる各時代の背景や生活の変化に注目します。

 

【展示期間】令和3年10月9日(土曜日)~11月23日(火曜日・祝日)

【開館時間】午前9時~午後4時30分(最終入館午後4時)

【期間中の休館日】10月11・18・25日、11月1・4・8・15・22日

【入館料】大人200円、高校・大学生100円、小・中学生50円(20人以上で団体料金適用)

【会場】郷土博物館 企画展示室

【リーフレット】第34回企画展「足元から紐解く生活史」(PDF:1,464KB)

公開講演会「履物とおまじない」

【講師】国立歴史民俗博物館名誉教授 常光 徹 氏

【日時】10月30日(土曜日)午後2時~3時30分

【定員】40名(先着順)

【申込】お電話にて郷土博物館まで(電話048-554-5911) 

 ▲ページ上部に戻る

次回の展覧会  

  •  準備中です

過去の展覧会 

▲ページ上部に戻る

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部郷土博物館学芸担当

電話番号:048-554-5911

ファクス:048-553-4951

〒361-0052埼玉県行田市本丸17-23