ここから本文です。

更新日:2019年12月7日

授業における博物館の利用について 

授業時間内での利用

宿題等での個人利用

  • 学校の宿題等で博物館を利用される場合、本人のみ入館料が免除されます。入館時に、宿題利用の旨を受付までお申し出ください。
  • 入館料の免除には、本人の氏名、学校名、学年、クラス、宿題テーマの記入が必要です。
  • 展示室内の撮影、図書資料の複写等には別途手続きが必要です。受付までお申し出ください。

博学連携展示「むかしのくらし」

小学3年生の総合学習に対応した博学連携展示「むかしのくらし」を毎年開催しています。市内で実際に使われていた農具や生活の道具、むかしの町の様子などを紹介するものです。

  • 授業での団体見学時は、むかしのくらし解説ボランティアのみなさんが解説・指導をします。
  • 展示資料の一部は、触ったり動かしたりすることもできます。
  • 開催期間中、ラウンジには「むかしのあそび」体験コーナーを設けます。お手玉、あやとり、メンコなどの体験ができます。
  • 次回の開催予定は令和2年2月1日(土)~4月5日(日)です。

 ▲ページトップに戻る

忍城ミュージアム通信

忍城ミュージアム通信は、郷土博物館の子ども向け広報誌です。年度内に4回発行し、行田市内の小中学校に配布しています。最新号は、博物館内でもご覧いただけます。

平成31年度・令和元年度発行

平成30年度発行

平成29年度以前発行

▲ページトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部郷土博物館学芸担当

電話番号:048-554-5911

ファクス:048-553-4951

〒366-0801
埼玉県行田市本丸17-23