ここから本文です。

更新日:2020年2月11日

イベント 

講演会・講座 

シンポジウム「行田の足袋~まちの近代化を支えた産業の歴史~」

当館が所蔵する「行田の足袋製造用具及び関係資料」が国の重要有形民俗文化財に指定されることを受けて、行田足袋の歴史や今回指定となる資料に関するシンポジウムを開催します。

【日時】令和2年3月14日(土)午後1時30分~4時15分予定

【基調報告】

  • 「 行田足袋の歴史ー足袋がまちをつくったー」田村均 氏(埼玉大学教育学部教授)
  • 「足袋をとりまく職人について」板垣時夫 氏(行田市文化財保護審議会委員)
  • 「足袋製造用具の資料整備とその内容」外立ますみ 氏(トーリ工房代表)

【パネルディスカッション】

  • パネリスト:基調報告者3名
  • 司会:小島孝夫 氏(成城大学文芸学部教授)

【会場】郷土博物館 講座室(1階)

【定員】80名(先着順、事前申込制)

【申込】お電話にて博物館まで(048-554-5911)

博物館連続講座 ~資料が語る行田の歴史Ⅴ~

郷土博物館の学芸員らが講師となり、日頃の調査研究の成果の中から、選りすぐりのテーマについて紹介します。

【日程・テーマ】

第1回 令和2年 1月19日(日) 松平下総守家の家臣団の成立
第2回 令和2年 2月 2日(日) 「幻の忍藩主」松平忠矩が遺したもの~よみがえる松平家の藩政資料~
第3回 令和2年 2月16日(日) 行田市関根の慶応4年お伊勢参り
第4回 令和2年 3月 1日(日) 行田の土地を耕した農具~館蔵資料から~
第5回 令和2年 3月15日(日) 知られざる「たからもの」~旧さきたま考古館展示時類~

【時間】いずれも午後2時~3時30分

【会場】郷土博物館 講座室(1階)

【定員】80名(先着順、事前申込制)

【申込】お電話にて博物館まで(048-554-5911)

【備考】いずれかの回のみの参加も可能

▲講演会・講座トップに戻る

▲ページ上部に戻る

 キッズ・ミュージアム 

じっくり講座  

お子様から大人の方まで、歴史や文化を楽しみながら学べます。

参加希望の方へ

  • お電話(048-554-5911)にてご予約を承ります。予約なしでのご参加は、当日空席のある回のみ可能です。
  • 小学生以下のお子様には、大人の方が必ず付き添ってご参加ください。
  • 汚れてもさしつかえない服装でお越しください。
  • 開始時間の5分前には必ず会場までお越しください。

開催予定

「足袋のつるし飾り」をつくろう!つるし飾り

「行田の足袋」をモチーフにした、かわいい「つるし飾り」です。当日は、ひも1本分のセット(ミニ足袋1個と飾り)が作れます。

【日時】2月23日(日)午後1時30分~3時30分

【会場】郷土博物館 会議室(2階)

【定員】15組(先着順)

【予約】お電話にて博物館まで(048-554-5911)

【備考】針と糸で布を縫う作業があります。裁縫セットの持参も可能です。

忍城おもてなし甲冑隊コラボ企画「ちょんまげ」をつくろう!ちょんまげ

おもてなし甲冑隊の「のぼう様」と一緒に「ちょんまげ」を作ります。頭につければ、あなたも立派な戦国武将?

【日時】3月7日(土)午後1時30分~3時30分

【会場】郷土博物館 会議室(2階)

【定員】15組(先着順)

【予約】お電話にて博物館まで(048-554-5911)

【備考】終了後、「ちょんまげ」を着用して記念撮影を行います。

 ▲キッズ・ミュージアムトップに戻る

▲ページ上部に戻る

ちょこっと体験 

来館の記念に「ちょこっと」参加できるワークショップです。体験には当日のご入館が必要です。

開催予定

  • 準備中です。

 ▲キッズ・ミュージアムトップに戻る

▲ページ上部に戻る

つくってまなぼう 

博物館のラウンジで、工作やクイズを自由に体験できるコーナーです。内容は季節に合わせたものが中心となります。体験には当日のご入館が必要です。

今年度の開催予定

12月~1月 2月上旬~4月上旬 通年

お正月の折り紙 ねずみ・門松

 

季節の折り紙 おひなさま

むかしのあそび体験

 

足袋蔵のまち行田すごろく

  ▲キッズ・ミュージアムトップに戻る

▲ページ上部に戻る

その他のイベント 

行田足袋検定

  • 博物館を見学して、足袋に関するクイズを解く検定です。
  • 館内受付で問題用紙を受け取り、展示や資料をヒントにしながら解答してください。
  • 全問正解で合格となります。合格者には合格認定証を差し上げます。  
  • 参加資格、年齢制限等はございません。ご入館の方はどなたでもご参加いただけます。
  • その他の詳細は受付でご案内いたします。
  • 問題用紙の配布を再開しました。配布は4月5日(日)まで行う予定です。 

【期間】郷土博物館の開館時間中

【会場】行田市郷土博物館 館内(問題用紙は受付で配布)

【主催】行田市日本遺産推進協議会 

よろいをきよう

当世具足の着用イベントです。春と秋に、それぞれ10日間程の日程で開催しています。詳細はこちらのページをご覧ください

 

 ▲その他のイベントトップに戻る

▲ページ上部に戻る

 

お問い合わせ

生涯学習部郷土博物館学芸担当

電話番号:048-554-5911

ファクス:048-553-4951

〒361-0052 埼玉県行田市本丸17-23