ここから本文です。

更新日:2016年1月20日

行田足袋の歴史

足袋ラベル

行田の足袋は、旅行や作業用の足袋としてつくられました。

江戸時代の明和2年(1765)の『木曽東海両道中懐宝図鑑』という本には、「忍のさし足袋名産なり」とあり、行田の足袋が名産品だったと記されています。

「さし足袋」とは刺子にした足袋のことです。行田は木綿の産地でもあり、近くに中山道が通っていたことで、旅行や作業用の足袋づくりが盛んになったと考えられています。

明治時代になるとミシンが使われるようになり、足袋の生産量は増大しました。また忍商業銀行や行田電燈株式会社が設立され、資金も安定し、ミシンの動力化も進んで、名実ともに行田の足袋は日本一となりました。

昭和13年(1938)の足袋生産量は8,400万足で、これは全国生産の約80%を占めていました。

行田足袋の歴史の見学

足袋とくらしの博物館

行田市行田1-2土曜日・日曜日・祝日のみ開館

電話090-8726-4962

行田市郷土博物館

お問い合わせ

生涯学習部郷土博物館学芸担当

電話番号:048-554-5911

ファクス:048-553-4951

住所:行田市本丸17-23