ここから本文です。

更新日:2016年1月15日

鰐口

鰐口とは、寺院や神社の拝殿の軒先に吊り下げられ、参詣者が綱を振って打ち鳴らす鈴です。偏平な円形状で、上部には吊るすための耳が2つあり、下部は細長く開口しています。

この鰐口は、直径20.5cm、厚さ8cmの偏平形で、全体に緑青(錆)に被われていますが、特に損傷はありません。同じ規型で前後両面の雌型を作り鋳造したもので、耳は前後各面に一箇ずつ鋳出されています。湯口は上部中央にあり、目は突出し、先端部はそぎあげられています。撞座(つきざ)には簡略化された蓮子が8個(中心に1個、周囲に7個)表出されています。撞座から外側に向かって内区、外区に区分され、その外区の右側には「奉掛鰐口」の銘文が刻まれ、「鰐口」の下に続く銘文の痕跡があります。左側には「永禄二年十一月三日願主右衛門三郎」の銘文が刻まれ、月日の横に小文字で「鋳物師田井」と鋳物師名が刻まれています。

久伊豆神社の所在する皿尾には、かつて皿尾城(掻上城)が所在し、上杉謙信が忍城攻めの拠点とした事で知られていますが、この鰐口は、永禄二年(1559)の紀年銘を持ち、伝来も「新記」などにより明確であり、地域の歴史を反映する貴重な資料です。

  • 読み        わにぐち
  • 区分        市指定有形文化財
  • 種別        工芸品
  • 員数        1口
  • 所在地       行田市皿尾340-1 久伊豆神社大雷神社合殿 〔行田市郷土博物館に寄託〕
  • 時代        室町
  • 形状        最大径20.5cm、厚さ8cm、重さ1069g
  • 公開/非公開  非公開(展示期間中のみ公開)
  • 指定年月日   平成11年3月25日

 

鰐口

 

鰐口

 

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770