ここから本文です。

更新日:2016年1月15日

寺子屋玉松堂関係資料

江戸時代の忍城下最大の寺子屋であった玉松堂の資料として、門入証文帳、日記帳、教科書が残されています。

証文帳によれば、寺子は行田市野地区だけでなく、川里(鴻巣市)や吹上(鴻巣市)の川面、袋、前砂なども含まれており、比較的広範囲に渡っていたことを知ることができます。

また、日記帳は、寺子屋での教育方針や日常生活、謝礼等、当時の寺子屋教育を知る上で貴重な資料であり、当時の教科書と合わせ、これらの資料は江戸時代忍藩領内における寺子屋教育の様子を伝える貴重な資料といえます。

  • 読み        てらこやぎょくしょうどうかんけいしりょう
  • 区分        市指定有形文化財
  • 種別        歴史資料
  • 員数        3冊
  • 所在地       行田市野 個人所有 〔行田市郷土博物館に寄託〕
  • 時代        江戸~明治
  • 公開/非公開  非公開
  • 指定年月日   平成12年3月28日

 

門入証文帳  日記帳  教科書

 

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770