ここから本文です。

更新日:2019年7月4日

埼玉古墳群

埼玉古墳群は、全国一を誇る大型円墳と武蔵国最大の前方後円墳を含む9基の大型古墳が群集しています。かつては、40基ほどの大小の古墳が造られたことがわかっており、出土した遺物から5世紀後半から7世紀初めごろまでの約150年間に次々と造られたと考えられています。

丸墓山古墳(まるはかやまこふん):日本で最大の円墳で、墳丘径105m、墳丘高17.2m、豊臣秀吉が天下統一を進める1590年、家臣の石田三成が忍城を水攻めにする際に、忍城がよく見えるこの頂上に陣を張ったといわれています。

二子山古墳:墳丘長132.2mの前方後円墳で、武蔵国の中で最大の規模を誇り、二重の堀を含めた長さは240m以上あります。

稲荷山古墳:墳丘主軸長120mの前方後円墳で、県内でも3番目の規模を誇ります。昭和43年の発掘調査の際、「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」など多くの副葬品が出土しましたが、昭和58年に一括して国宝に指定され、県立さきたま史跡の博物館の国宝展示室に展示されています。

鉄砲山古墳:墳丘長107.6mの前方後円墳で、墳丘周囲の調査の際に円筒埴輪、土器が出土しており、6世紀後半に造られたと推定されています。

将軍山古墳:全長90mの前方後円墳で、明治27年に後円部より横穴式石室が発見され、武器、馬具、銅鋺(どうわん)などが多数出土しています。平成9年に石室内部が見学できる展示館としてオープンしました。

中の山古墳:墳丘主軸長79m、埼玉古墳群で最後に造られた前方後円墳と考えられ、名称は渡柳地区にある3つの古墳(他に奥の山古墳と戸場口山古墳)の真ん中にあたることに由来しています。須恵質埴輪壺が出土しています。

瓦塚古墳:墳丘主軸長73.4mの前方後円墳で、墳丘や中堤(ちゅうてい:土手)から人物埴輪、水鳥埴輪、家型埴輪などが多数出土しています。

奥の山古墳:墳丘主軸長66.4mの前方後円墳で、平成19年の発掘調査で二重周堀であることが確認されました。

愛宕山古墳:墳丘長概ね53mの前方後円墳で、人物埴輪、形象埴輪、馬形埴輪、円筒埴輪が出土しており、大型古墳に立てられた円筒埴輪に比べ小さいのが特徴です。

※墳丘規模の引用:H30.1.31発行 編集 埼玉県立さきたま史跡の博物館「史跡埼玉古墳群 総括報告書Ⅰ」

  • 読み                  さきたまこふんぐん
  • 区分                  国指定記念物
  • 種別                  史跡
  • 員数                  9基
  • 所在地              行田市埼玉4834  埼玉県立さきたま史跡の博物館
  • 時代                  古墳
  • 公開/非公開    公開
  • 指定年月日        昭和13年8月8日

 

埼玉古墳群

 

丸墓山古墳

 

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770