ここから本文です。

更新日:2016年1月15日

勝海舟書 大幟原本

この大幟は、長さ10m、幅1.2mで実物大に大書されており、保有状態も良好です。書かれた経緯は、箱書に「従来の幟は汚損し、明治維新により神号も改正されたので、明治17年11月氏子総代中村朝次郎、福田庭助、関田啓助の三氏が中心となり東京大伝馬町の松雲堂主人の紹介を得て、前海軍郷参議正四位勝安芳公に請願し揮毫を得たり」とあり、氏子総代が中心となって勝海舟に依頼して書かれたものです。

  • 読   み              かつかいしゅうしょおおのぼりげんぽん
  • 区   分              市指定有形文化財
  • 種   別              書跡
  • 員   数              1枚
  • 所在地              行田市桜町2-30-35久伊豆神社〔行田市郷土博物館に寄託〕
  • 時   代               明治
  • 形   状               長さ10m、幅1.2m
  • 公開/非公開    非公開
  • 指 定 年 月 日    昭和37年11月20日

 

勝海舟書 大幟原本

 

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770