ここから本文です。

更新日:2016年1月15日

紺紙金字法華経

写経は、亡くなったものへの追善供養や、生きているものへの生前利益のために行われましたが、わが国で写経の中心となったのは、8巻28品からなる法華経でした。

この法華経は、江戸時代のものですが、秘巻として納められていたので完全です。8巻のうち3巻が交互に金銀泥で書かれ、他の5巻は金泥で文字も鮮麗です。背銘文は、祈願を込めて菩薩のために書かれた文字が、やはり金銀泥で全て異なった筆で無限に書かれています。紙背には奉納者の名前が朱字で多数記されており、極めて広範囲にわたり信仰者がいたことがうかがえます。

  • 読み        こんしきんじほけきょう
  • 区分        市指定有形文化財
  • 種別        典籍
  • 員数        8巻
  • 所在地       行田市前谷1426 光明寺
  • 時代        江戸
  • 形状        縦29.5cm
  • 公開/非公開  非公開
  • 指定年月日   昭和34年3月19日

 

紺紙金字法華経

 

紺紙金字法華経

 

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770