ここから本文です。

更新日:2015年11月2日

大長寺の芭蕉句碑

この句碑は、元は桜町の小沼の池付近にあったもので「忍名所図会(おしめいしょずえ)」にも記述が見られます。区画整理の際に、ここに移されたと伝えられています。

碑表には「古池や蛙飛こむ水の音  芭蕉翁」と句が刻まれ、碑裏には「多少庵秋瓜謹書」とあります。安永から寛政にかけて江戸で活躍した俳人多少庵秋瓜との関連が伺える句碑です。
  • 読み                  だいちょうじのばしょうくひ
  • 区分                  市指定記念物
  • 種別                  史跡
  • 員数                  1基
  • 所在地              行田市行田23-10  大長寺
  • 時代                  江戸
  • 形状                  高さ174cm、幅74cm、厚さ5cm、緑泥岩
  • 公開/非公開    公開
  • 指定年月日        平成5年3月31日

 

  大長寺の芭蕉句碑

 

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770