ここから本文です。

更新日:2019年3月22日

平成31年新成人を祝う会実行委員会

成人の日は、「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます」という主旨の国民の祝日です。市では毎年「新成人を祝う会」を開催していますが、この催しの企画・運営は実行委員が行っています。ここでは、平成31年新成人を祝う会実行委員の活動をご紹介します。

 第1回実行委員会(4月27日)

実行委員へ委嘱状の交付

平成31年新成人を祝う会実行委員の皆さんに委嘱状を交付しました。成人式まで、企画・運営に携わっていただきました。

実行委員長の金子藍さん

行田への思いが人一倍強い金子藍さんが実行委員長に。「成人式が成功するよう頑張ります」と意気込みを語りました。

 第2回実行委員会(5月31日)

会議を進める金子さん

実行委員長を中心に、プログラムの内容や実行委員それぞれの役割を決めました。

さまざまなアイデアを出し合う実行委員の皆さん

参加者全員に配布する記念品について意見を出し合う実行委員。大人としてふさわしく、相手を思いやる品として「ふくさ」に決定しました。

 第3回実行委員会(9月11日)

成人式のアトラクションについて意見を出し合う実行委員

この日は、アトラクションのタイトルや演出方法などを決めました。新成人が楽しめるように、流行語を入れるなど、若者ならではのアイデアを取り入れていきました。

各中学校で作成したスライドショーを視聴

成人式では、各中学校で作成した思い出のスライドショーを流すことに。スライドショーを視聴した実行委員は、中学時代を懐かしんでいる様子でした。

 第4回実行委員会(10月3日)

和やかなムードで会議を進める第2部を担当する実行委員

平成31年の新成人を祝う会は、2部制での実施となったため、実行委員が1部・2部それぞれ分かれて、アトラクションである大抽選会の実施方法や景品などを決めていきました。

4回目の実行委員会とあって、和やかな雰囲気で意見を出し合っていました。成人式の開催まであと2カ月。思い出に残る式典になるよう、実行委員らはイメージを膨らませていました。

 第5回実行委員会(12月27日)

配布物を封入

この日は、参加者に配布する記念品や啓発品などを封入しました。

その後、実行委員同士でアトラクションなどの演出について、最終確認しました。

 第6回実行委員会(リハーサル、平成31年1月12日)

リハーサルで立ち位置など確認

会場となる教育文化センター「みらい」で、リハーサルを行いました。式典がスムーズに進行できるように、実行委員がステージ上に出てくるタイミングや椅子や演台を置く位置、抽選会での演出など、何度も繰り返しながら、確認しました。

 新成人を祝う会(平成31年1月13日)

【第1部】実行委員:忍中学校、行田中学校、埼玉中学校、太田中学校出身の代表者

開式のあいさつをする金子さん

新成人を祝う会実行委員長としてあいさつする金子藍さん。これまで支えてくれた方への感謝の言葉とともに、式典を楽しんでほしいと参加者にメッセージを送りました。

成人としての抱負を語る星野さん

二十歳の主張を行う星野陽介さん。「誰からも愛される大人になっていくことを誓います」と、立派に発表しました。

 

抽選会の様子

アトラクションの大抽選会の様子。豪華なものからおもしろグッズまで、さまざま景品が用意されました。当選者が発表されると会場は大いに盛り上がりを見せていました。

第1部の実行委員の皆さん

第1部の実行委員の皆さん。式典が無事に終了し、ほっとした様子。それぞれの役割を果たし、思い出に残る新成人を祝う会となったようです。

【第2部】実行委員:長野中学校、見沼中学校、西中学校、南河原中学校出身の代表者

第2部の代表者としてあいさつする副実行委員長の鈴木さん

第2部の実行委員代表として、鈴木朝香さんがあいさつをしました。自分たちの年齢を人生時計に例えながら、「これからの人生を共に謳歌しましょう」とメッセージを送りました。

新成人の抱負を語る島村さん

二十歳の主張を行う島村優さん。「多くのことを貪欲に学び、自分で自分の道を切り開いていきます」と力強く語りました。

 

楽しい雰囲気で行われた抽選会

第1部に引き続き、第2部でもアトラクションとして抽選会を実施しました。実行委員が趣向を凝らした景品や演出を考えたとあって、参加者誰もが楽しむことができたようです。

第2部の実行委員の皆さん

埼玉ポーズで記念撮影をする第2部の実行委員の皆さん。無事に式典を執り行うことができ、安堵した表情を見せていました。実行委員の皆さんは、達成感にあふれていました。

【第1部、第2部】行田中央総合病院の川島治院長による講話

喫煙や飲酒について講演する川島院長

昨年に引き続き、川島院長による「喫煙と飲酒に関する講話」を実施しました。タバコを吸うことや過度にお酒を飲むことによる危険性をユーモアを交えながら説明していただきました。

その他、参加者を対象に実施した「教えてください!ハタチのキモチ」と題したアンケートの結果報告を行い、市職員からもまちづくりに関する若者の意識についての解説もありました。参加者は、熱心に耳を傾けていました。

過去の実行委員会の様子

お問い合わせ

生涯学習部ひとつくり支援課生涯学習担当

電話番号:048-556-8319

ファクス:048-556-0770