ここから本文です。

更新日:2018年5月17日

【に】日本一 足袋の行田の 名は高し

絵札・読み札

「に」の絵札

「に」の絵札

「に」の読み札

「に」の読み札

解説

明治の末頃から大正初期にかけて、電動ミシンが導入され、また、13の工程からなる流れ作業をすることにより、行田の足袋は大量生産することができるようになりました。現在でも全国一の出荷額を誇っています。

その他の札

お問い合わせ

生涯学習部ひとつくり支援課生涯学習担当

電話番号:048-556-8319

ファクス:048-556-0770