ここから本文です。

更新日:2018年10月31日

コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)平成29年度取組

平成29年度 コミュニティ・スクール研究会の開催

 コミュニティ・スクールの導入や充実を推進するため、学校と地域の連携・協働による効果的な取組の情報提供や人材育成と資質の向上をねらいとして、学校関係者や学校運営協議会委員を対象にした研修会を開催しました。

期日

 平成30年2月14日 水曜日

時間

 14時00分~16時20分

会場

 行田市総合体育館 研修室

内容

1 実践報告

地域と共に創る須加小コミュニティ・スクール
~ふるさと須加を愛し、ふるさと須加の将来を担う児童の育成~
報告者 行田市立須加小学校 小林 澄江校長

 保護者や地域と連携・協働して、子どもたちの成長を支えていく学校の仕組みとして「須加小コミュニティ・スクール」を構築するという考えのもと、特色ある取組が行われ1年間の成果が報告されました。

実践報告写真

2 講演

「地域に開かれた学校」から「地域とともにある学校」へ
文部科学省初等中等教育局参事官付 専門職 相田 康弘 様
コミュニティ・スクールの必要性や役割、組織づくりから運営方法まで分かりやすく説明をいただきました。講演の中で、目標を達成するためには、いろいろな人が知恵や技能を出し合い連携・協働していくことが大切であると「陸王に学ぶところ」が大きいと話されました。 講演写真

対象

  • 行田市立小・中学校の教職員(校長・教頭・主幹教諭・担当者等)
  • 行田市立小・中学校運営協議会委員

※学校運営協議会委員は、平成29年度委嘱された方と平成30年度より委嘱される予定の方を対象とする。

参加者

校長17名  教頭8名  教諭2名  運営協議会委員67名  合計94名
埼玉県立総合教育センター生涯学習推進担当職員

研修会参加者の声

  • コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)について分かりやすい内容であった。
  • 校長として学校運営協議会をどうマネジメントすればよいか参考になった。
  • 教職員がコミュニティ・スクールについて理解するため教職員対象の研修会が必要。
研修会写真1 研修会写真2

研修会に参加した学校関係者と学校運営協議会委員 

平成29年度コミュニティ・スクール実践事例集

 市内小中学校6校でコミュニティ・スクールがスタートしました。1年間の学校と地域との連携・協働による取組を実践事例集にしました。

 

コミュニティ・スクール設置校研究協議会

 9月8日にコミュニティ・スクール設置校(東小、南小、北小、須加小、埼玉小、行田中学校)による研究協議会を開催しました。

  • 各校の取組発表
  • 質疑・意見交換による課題等の共有
  • 課題解決に向けた方策を協議
image1 image2

6校の学校運営協議会会長と校長が出席し熱心な協議が行われました。

 

コミュニティ・スクール設置校の地域と協働する取組

 学校と地域が課題を共有し、共通の目標やビジョンを持って協働する取組が行われています。

image3

熱心に協議が行われる学校運営協議会(東小学校)

image4

学校運営協議会委員による授業参観(須加小学校)

image5

食育教育の推進、学校運営協議会委員による給食試食(北小学校)

 image6

埼玉中と連携「あいさつ運動」(埼玉小学校)

image7

「佐間天神社八坂祭」に児童生徒が一緒に参加(南小・行田中学校)

image8

小学生に「だんべ踊り」を教える中学生(南小・行田中学校)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

学校教育部教育総務課総務担当

電話番号:048-556-8311

ファクス:048-556-0770