ホーム > 暮らし > 住まい > 公営住宅 > 火災等で住宅を失った方へ市営住宅への一時入居を受け入れます

ここから本文です。

更新日:2019年7月17日

火災等で住宅を失った方へ市営住宅への一時入居を受け入れます

  • 行田市では、火災等により住居を失い住宅に困窮した方へ、緊急避難的措置として、次の条件により市営住宅への一時入居を認めます。

 

入居可能な住宅

  • 申込時点で入居希望待機者がなく、かつ、2戸以上の空き住戸がある住宅であること。

 

入居期間及び住宅使用料

  • 入居期間は6ヶ月以内とし、住宅使用料(家賃)は、免除します。但し、光熱費及び居住に必要な家財一式は、入居者の負担とします。

 

提出書類

  • 次に掲げる申請書及び証明書等を速やかに提出してください。

市営住宅使用許可申請書

り災証明書(行田市消防署発行のもの)

世帯全員の住民票(続柄の記載のあるもの)

世帯全員の所得課税証明書等

 

継続入居

  • 上記による入居者が市営住宅条例第7条(入居資格)を満たす場合、自宅の再建が成るまでの期間は、継続入居を可能とします。なお、継続入居の場合は、住宅使用料(家賃)等一般入居者と同様の扱いとなりますので、一般申込みと同様の申請書類等を提出してください。

 

お問い合わせ

建設部営繕課住宅管理担当

電話番号:048-550-1554

ファクス:048-556-5388