行田市 > 市政情報 > 都市整備 > 建築・開発 > 開発 > 行田市開発行為等に関する雨水流出抑制施設設置基準の制定について

ここから本文です。

更新日:2021年9月14日

行田市開発行為等に関する雨水流出抑制施設設置基準の制定について

行田市では、近年、多発する突発局地的な集中豪雨により、短時間で河川や排水路の水位が上昇し迅速な雨水排水が困難となることで市内において道路冠水が発生するなど、ますます総合的な治水対策が必要となっています。

このため、開発行為などに際して雨水の流出増加が見込まれるときに、個々の敷地単位でも一時的に雨水の流出を抑制し浸水被害の軽減を図るものとして「行田市開発行為等に関する雨水流出抑制施設設置基準」を制定しました。

行田市における浸水被害の発生、拡大を抑制するため、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

文書ファイル

施行日

  • 令和3年4月1日

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部建築開発課開発指導担当

電話番号:048-550-1551

ファクス:048-553-4544