ホーム > 市政情報 > 都市整備 > 建築・開発 > 建築・建設 > 景観法の届出について

ここから本文です。

更新日:2015年10月29日

景観法の届出について

景観法の届出とは

一定規模以上の建築物または工作物について工事を行う場合は、工事を始める30日前までに届出を行う必要があります。

 

届出の対象行為

行為の種類

規模

建築物

新築、増築、改築又は移転

「高さが15mを超えるもの」または「建築面積が1000平方メートルを超えるもの」

外観を変更する修繕、模様替えまたは色彩の変更

「高さが15mを超えるもの」または「建築面積が1000平方メートルをこえるもの」で、修繕等の対象となる面積が各立面の3分の1を超えるもの

工作物

新築、増築、改築又は移転

「高さが15mを超えるもの」

外観を変更する修繕、模様替えまたは色彩の変更

「高さが15mを超えるもの」で修繕等の対象となる面積が各立面の3分の1を超えるもの

 

届出窓口

届出は、行田市で受付・審査を行っています。

 

届出書類

届出書、景観形成基準対応説明書、委任状、案内図、配置図、平面図、立面図、現況写真が必要です。

届出書様式

Word(ワード:90KB)

PDF(PDF:23KB)

景観形成基準対応説明書様式

Word(ワード:60KB)

PDF(PDF:19KB)

提出部数は2部です。

 

届出手続き

届出は行為者(施主)が行うことになっていますが、専門的な内容であるため、通常は委任を受けた設計者等が代行して行います。

届出をした後、30日間は工事着手はできませんので、余裕を持って手続を行ってください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部建築開発課建築指導担当

電話番号:048-550-1551

ファクス:048-553-4544