ホーム > 暮らし > 住まい > 空き家対策 > 空き家等対策に関する協定について

ここから本文です。

更新日:2018年2月7日

空き家等対策に関する協定について

本市では、空き家等対策を推進するため、さまざまな協定を締結しています。

空き家情報の連絡に関する協定

行田市と行田市自治会連合会は、平成27年2月17日に「空き家情報の連絡に関する協定」を締結しました。

内容

  1. 自治会は、市民の方から空き家に関する情報提供・相談を受けた場合は、その内容を市に連絡します。
  2. 市は、連絡を受けた場合は、その空き家の状況について現地確認を行い、適正な管理が行われていないと認める場合には、所有者に対して必要な指導等を行います。

空き家等の適正管理に関する協定

行田市と公益社団法人行田市シルバー人材センターは、平成27年2月17日に「空き家等の適正管理に関する協定」を締結しました。

内容

  1. 市は、空き家の所有者から管理に関する相談を受けた場合は、シルバー人材センターが行う空き家の管理業務について情報提供を行います。
  2. シルバー人材センターは、空き家の所有者から空き家の管理業務を依頼された場合は、必要な業務を行います。
  3. 市とシルバー人材センターは、空き家の管理に関して相談又は業務の依頼を受けた場合は、その情報共有に努めます。

シルバー人材センターによる見回り業務の例

見守り業務のほか、実際に作業をお願いすることができます。ぜひ、ご利用・ご相談ください。

本業務に関するご依頼、お問い合わせ先

公益社団法人行田市シルバー人材センター

TEL048-556-2221

行田市提携「さいしん空き家活用提携ローン」の取扱いに関する協定

行田市と埼玉縣信用金庫は、平成28年11月1日に「行田市提携「さいしん空き家活用提携ローン」の取扱いに関する協定」を締結しました。

内容

  1. 市と埼玉縣信用金庫は、埼玉縣信用金庫が扱う「さいしん空き家活用提携ローン」を空き家の所有者が利用することにより、自主的な空き家の活用を促進します。

本商品に関するお申込み、お問い合わせ先

埼玉縣信用金庫行田支店

TEL048-556-2148

行田市における自治会への加入促進及び空家等対策に関する協定

行田市と行田市自治会連合会、公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会北埼支部、公益社団法人全日本不動産協会埼玉県本部大宮支部は、平成29年1月20日に「行田市における自治会への加入促進及び空家等対策に関する協定」を締結しました。

内容

詳細は、こちらをご覧ください。

行田市における空き家等の利活用等の促進に関する協定

行田市と公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会北埼支部、公益社団法人全日本不動産協会埼玉県本部大宮支部は、平成29年10月30日に「行田市における空き家等の利活用等の促進に関する協定」を締結しました。

内容

活用相談

  1. 市は、空き家等の所有者等から活用相談の申請受付後、協会に活用相談の実施を依頼します。
  2. 協会は、協会に所属する宅地建物取引業者に活用相談および現地調査等の協力を求め、それを取り扱う宅地建物取引業者(相談取扱者)を1者以上選定します。
  3. 相談取扱者は、活用相談および現地調査等を踏まえ、媒介契約を締結するとともに、空き家等バンクへの登録を勧めます。なお、空き家等バンクへの登録が適当でないと判断した空き家等については、所有者等に処分方法等の助言を行います。
  4. 協会は、相談取扱者が行った空き家等の活用相談および現地調査等の結果を書面で市に報告し、空き家等バンクへの登録に必要な情報を市に提供します。

媒介業務

  1. 市は、空き家等の利用希望者から申請受付後、必要となる情報を協会に提供します。
  2. 協会は、市から提供された情報について、媒介業者に連絡し、交渉の実施を依頼します。
  3. 協会は、当該媒介業者が行った交渉および売買、賃借等に係る契約の結果を市に報告します。

情報の提供

  1. 協会は、協会に所属する宅地建物取引業者が有する市内の空き家等の情報を市に提供します。

空き家等バンクの詳細は、こちらをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部建築開発課建築指導担当

電話番号:048-550-1551

ファクス:048-553-4544