ホーム > しごと・産業 > 産業 > 産業振興 > 行田富士見工業団地拡張地区(若小玉地区)について

ここから本文です。

更新日:2019年2月1日

行田富士見工業団地拡張地区(若小玉地区)について

行田富士見工業団地拡張地区のエントリーが開始されます

埼玉県企業局では、行田富士見工業団地拡張地区で「エントリー&オーダーメード」方式による「エントリー企業」の募集を新たに行います。

これは進出を検討する企業のニーズを把握し、区画割等を整備計画に反映させていくために、「造成工事の着手前に意見交換を行う企業」を募集するものです。

お申込みいただいた企業と意見交換を行い、事業計画や区画割等を踏まえた上で、引き続き調整をお願いする企業を「エントリー企業」として内定させていただきます。

その後、更なる意見交換により作成された整備計画案に御理解いただいた企業と分譲に向けた調整を行いオーダーメードで産業団地を整備します。

 

埼玉県企業局のホームページ「行田富士見工業団地拡張地区産業団地のエントリー」(外部サイトへリンク)

受付期間

平成31年2月4日(月曜日)から平成31年3月8日(金曜日)まで

受付場所

埼玉県企業局地域整備課 計画・造成担当

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目14番21号(埼玉県庁内職員会館4階)

募集対象

分譲計画地において、製造業、運輸業(倉庫業のみを行う場合を除く。)又は卸売業の用に供する建築物を建設し、操業する企業。

 【産業団地の概要】

所在地

行田市大字若小玉地内

事業面積

約70,250平方メートル

分譲総面積

約60,170平方メートル

土地価格

35,000円/平方メートル程度(予定)

分譲時期

平成31年度(予定)

引渡時期

平成33年度(予定)

 【産業団地完成イメージ】

gyoda

行田富士見工業団地拡張地区が埼玉県の「産業誘導地区」に選定されました

行田市では、埼玉県の「田園都市産業ゾーン基本方針」に基づき、田園環境と調和した産業基盤づくりを進めています。

この度、行田富士見工業団地拡張地区は、埼玉県から「産業誘導地区」として選定され、重点的に支援を受けることとなりました。

今後、行田市は埼玉県との連携を強化し、基盤整備事業が早期実現するよう調整を進めてまいります。

埼玉県報道発表資料

産業基盤づくりを重点的に支援する産業誘導地区に5地区を選定(外部サイトへリンク)

富士見工業団地拡張地区

お問い合わせ

環境経済部産業拠点推進室産業拠点推進担当

電話番号:048-556-1111(内線384)