ホーム > 暮らし > 環境保全 > 環境施策 > 令和元年度高効率給湯器設置補助

ここから本文です。

更新日:2019年9月5日

令和元年度高効率給湯器設置補助

行田市では、地球温暖化対策の一環として住宅用高効率給湯器を設置する方を対象に補助金を交付します。概要は、こちらのチラシ(PDF:527KB)をご覧ください。なお、平成28年度から設置前に申請いただくことになりましたので、ご注意ください。

申請の条件

  • 自己の居住を主たる目的に所有している市内の住宅に未使用の補助対象給湯器を設置する者であること。
  • 市税の滞納がないこと。
  • 補助対象給湯器を設置する建築物及び建築物の敷地等に建築基準法(昭和25年法律第201号)、都市計画法(昭和43年法律第100号)等の違反がないこと。
  • 行田市住宅改修資金補助金の交付を受けていないこと。

補助の対象となる給湯器及び補助金額

種類

定義

補助金額

ガスエンジン給湯機

都市ガス又はLPガスを燃料とするガスエンジンにおいて発電を行い、発電時に発生する排熱を給湯、冷暖房等に利用する家庭用コージェネレーションシステム(通称「エコウィル」)

1台につき

2万円

燃料電池コージェネレーションシステム

都市ガス、LPガス、灯油などから燃料となる水素を取り出して空気中の酸素と反応させて発電し、発電時の排熱を給湯等に利用するシステム(通称「エネファーム」)

1台につき

5万円

  • 補助対象経費が補助金の額の2倍を超えない場合は、補助金を交付しません。

補助対象経費

補助対象給湯器の設置に要した費用(消費税及び地方消費税を除く。)とします。

申請受付期間

4月1日から令和2年2月10日までの開庁日(土・日・祝日を除く日)に受け付けます。

ただし、予算の範囲内での補助となりますので、予算額(150万円)に達した場合は受付期間中でも終了します。

受付状況

受付状況を週1回程度更新します。

 

予算額

申請額

残額

令和元年9月5日現在

1,500,000円

450,000円

1,050,000円

申請書の提出先

行田市環境経済部環境課(行田市緑町13-12)に必ず持参してください。

市役所本庁舎、南河原支所等及び郵送では受け付けておりませんので、ご注意ください。

手続きの流れ

1.申請書を市(環境課)に提出

市へ提出する書類

2.交付・不交付決定書を申請者へ送付

申請内容を審査し、交付または不交付決定書を申請者へ通知します。(申請書の提出後、2週間程度かかります。)交付決定を受けた後に中止する場合は、行田市住宅用高効率給湯器設置中止届出書(様式第3号)を提出してください。

申請者に送付する書類

  • 行田市住宅用高効率給湯器設置補助金交付・不交付決定通知書(様式第2号)

3.実績報告書を市(環境課)に提出

設置した日から起算して30日以内又は当該年度の3月16日のいずれか早い日までに提出してください。

市へ提出する書類

  • 行田市住宅用高効率給湯器設置補助金実績報告書(様式第4号)
  • 補助対象給湯器の設置に要した経費に係る領収書の写し又は支払いの事実を確認できる書類
  • 補助対象給湯器の設置に要した経費の内訳を確認できる書類
  • 補助対象給湯器の保証書の写し(購入年月日、給湯器の型式などが記載されているもの)
  • 補助対象給湯器の設置状況が分かる写真(給湯器全体、型式及び製造番号を写したもの。ガスエンジン・燃料電池ユニットと貯湯ユニットが分かれている場合、型式及び製造番号の部分の写真はそれぞれ必要となります。)
  • その他市長が必要と認める書類

4.確定通知書を申請者へ送付

実績報告書の内容を審査し適切であれば、確定通知書を申請者へ送付します。(実績報告書の提出後、確定通知書は1週間程度かかります。)

申請者に送付する書類

  • 行田市住宅用高効率給湯器設置補助金確定通知書(様式第5号)

5.請求書を市(環境課)に提出

当該年度の3月31日までに請求書を提出してください。

市へ提出する書類

  • 行田市住宅用高効率給湯器設置補助金交付請求書(様式第6号)
  • 『通帳又は通帳の写し』(写しをお持ちになる場合は、表紙裏側の口座名がカタカナで記載されている場所をコピーしてください。)

6.補助金を口座へ振り込み

請求書の提出後、1ヶ月程度で補助金を指定された口座に振り込みます。

よくある質問

 

質問

答え

1

エコキュート、エコジョーズ、エコフィールの補助はありますか。

エコキュート、エコジョーズ、エコフィールの補助はありません。

2

新築でも補助金はでますか。

建物については、新築・既存宅のどちらでも補助の対象となります。

3

申請する時期はいつ頃ですか。

平成28年度から給湯器設置前の申請となりました。

 

設置済み又は着工している場合、補助の対象になりませんので、ご注意ください。

 

4

振込みで支払ったので領収書がありません。

振込んだ時の振込控えを添付してください。

5

写真はどのようなものを添付したらよいですか。

次の2通りで撮影してください。

  1. 「給湯器全体」が入るように撮影してください。
  2. 給湯器本体に印字されている「型式及び製造番号」の部分をアップで撮影してください。なお、ガスエンジン・燃料電池ユニットと貯湯ユニットが分かれている場合は、各ユニットの「型式及び製造番号」の写真が必要となります。

6

振込先の通帳の内容を記入するところはどこですか。

「交付請求書」に記入してください。

なお、提出時期は、交付決定の通知後になります。

7 2世帯住宅で2台購入した場合はどうなりますか。 補助金は同じ方に1回のみとなりますので、次のとおりとなります。
  • 2世帯が別々に1台ずつ購入した場合は、2台とも補助の対象になります。(世帯が別である等の調査を行いますので、資料の提供等のご協力をいただく場合があります。)
  • 2世帯の代表者が2台まとめて購入した場合は、設置・申請者が同じ方であるため、1台分となります。

補助金交付要綱

各種様式

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境経済部環境課環境政策担当

電話番号:048-556-9530

ファクス:048-553-0792