行田市 > 暮らし > 動物・ペット > 飼い主のいない猫対策事業について

ここから本文です。

更新日:2021年7月26日

飼い主のいない猫対策事業について

現在、8月末期限のチケットを交付しています。

行田市では、公益財団法人どうぶつ基金の協力を得て「飼い主のいない猫対策事業」を行っています。これは、市がどうぶつ基金の「さくらねこ無料不妊手術事業(行政枠)」で発行している無料不妊手術チケットの交付窓口となり、市民(個人、ボランティア団体など)に配布し、どうぶつ基金の協力病院で飼い主のいない猫に不妊手術をしていただくものです。

ご利用方法は、下記リンクをご参照ください。

また、猫の捕獲器の貸し出しを無料で行っています。利用希望の方は、申請書の同意事項等をご確認の上、ご申請ください。

申請書ダウンロード

さくらねこ不妊手術の実施結果

年度

手術頭数

令和2年度

55頭

令和3年度(6月末時点)

21頭

公益財団法人どうぶつ基金について

公益財団法人どうぶつ基金は、動物の適正な飼育法の指導や動物愛護思想の普及等を行い、環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の建設に寄与することを目的に、各種事業を行う団体です。

さくらねこ無料不妊手術事業について

飼い主のいない猫に対してTNRを実施することで、繁殖を防止し、「地域の猫」や「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ、飼い主のいない猫に関わる苦情や殺処分の減少に寄与する活動です。

手術費用はすべて公益財団法人どうぶつ基金が負担しています。

さくらねこについて

不妊手術済みのしるしに、耳先をさくらの花びらのようにV字カットした猫のことを言います。これにより同じ猫が再び手術されるのを防ぐことができます。

「さくらねこ」を見かけた際は、やさしく見守ってください。

TNRとは

TNRとは、飼い主のいない猫を捕獲(Trap:トラップ)し、動物病院で不妊手術(Neuter:ニューター)と耳先カットをした後に、元の場所に戻し(Return:リターン)、適切に管理することです。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境経済部環境課

電話番号:048-556-9530

ファクス:048-553-0792