行田市 > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 流行疾患 > 基礎疾患を有する方から優先接種の申し出を受け付けます

ここから本文です。

更新日:2021年6月21日

基礎疾患を有する方からの優先接種の申し出を受け付けます

基礎疾患を有するとは(高齢者の方以外)

厚生労働省が提示している「接種順位の上位に位置付ける基礎疾患を有する者」とは、以下の通りです。

以下の病気や状態の方で、通院・入院している方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障碍者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や、知的障害(療育手帳を所持している場合)

高齢者の方以外で、基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

クーポン券(接種券)の送付

基礎疾患を有する方も含め、16歳から64歳までのすべての方にクーポン券(接種券)を6月中に発送します。

クーポン券が届いても予約はすぐにできません。優先接種の申し出をされた方の接種時期が近づきましたら、「接種予約のご案内」を発送します。

クーポン券は接種日まで大切に保管してください。

優先接種の申し出について

 「基礎疾患を有する者」の範囲のいずれかに該当し、優先接種を希望される方は、「基礎疾患保有者新型コロナワクチン優先接種申出書」をご提出ください。

対象

市内在住の16歳から64歳までの方(昭和32年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた方)で、「基礎疾患を有する者」の範囲のいずれかに該当し、優先接種を希望される方

申し出受付期間

令和3年6月1日(火)から令和3年6月30日(水)まで

(期間が過ぎても随時受け付けますので、お早めに申し出をお願いします。)

申し出方法

「基礎疾患保有者新型コロナワクチン優先接種申出書」に必要事項をご記入の上、郵送または電子メールによりご提出ください。

(申出書は、市役所本庁舎及び保健センターに設置しています。)

郵送

〒361‐0023行田市長野2‐3-17

行田市保健センターワクチン接種担当

電子メール

g-kisoshikkan@city.gyoda.lg.jp

問い合わせ

行田市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

「新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター」を、令和3年2月3日に設置しました。
接種の手続き等に関する一般的な相談に対応します。

電話:048-556-1115

受付時間:午前9時~午後5時(土日祝日も実施)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチン接種の施策の在り方等に関する意見、問い合わせ

電話:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:午前9時~午後9時(土日祝日も実施)

埼玉県新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

ワクチン接種後の副反応について、副反応による受診の必要性など、市町村では対応困難な医学的知見が必要になる相談

(看護師や医師が対応)

電話:0570-033-226(ナビダイヤル)

聴覚障がいの方向けFAX:048-830-4808

受付時間:24時間対応(土日祝日も実施)

詐欺にご注意ください

「ワクチンの予約にはお金が必要」、「今申し込めば、早く接種できる」などの電話をかけ、お金を振り込ませようとする詐欺が発生しています。

市からこのような電話をすることはありません。このような電話には応じないでください。また、電話があった場合は、警察へご相談ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保健センター成人担当

電話番号:048-553-0053

ファクス:048-555-2551