ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > イエローチョーク作戦

ここから本文です。

更新日:2019年12月6日

イエローチョーク作戦

 散歩中のふんの後始末は、飼い主の責任です。必ず持ち帰りましょう。また、放し飼いやリードをつけない散歩も禁止されています。大切な愛犬です!最後まで責任をもって飼いましょう。

イエローチョーク作戦とは

 放置されたふんの周りを黄色のチョークで囲み、確認日時を書くという取り組みです。飼い主に自主的にふんを回収するよう促すとともに、飼い主のモラル向上の啓発となります。継続して行うことで、効果が期待できます。

○用意するもの イエローチョーク

○イエローチョークの使用方法

  • 放置されたふんの周囲を丸く囲む。
  •  「確認日時」を書く。
  • 時間を変えて現場を見る。

   ふんがある時:「確認日時」を書く。

   ふんがない時:「なし」と「確認日時」を書く。 

  • 予防には「パトロール中」と書く。 
  • 「なし」と書いた時間の後にふんを確認したら、その間にふんを放置していることになります。

○注意 実施の際には、車などに十分注意してください。

    許可なく私有地に書かないようにしてください。

○配布場所 保健センター、環境課

※イエローチョーク(ご希望の方に1年につき2本)をお渡しします。

 

 


 
 



お問い合わせ

健康福祉部保健センター成人担当

電話番号:048-553-0053

ファクス:048-555-2551