ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康づくり > 薬局でお手軽カンタン糖尿病リスク測定

ここから本文です。

更新日:2016年9月26日

薬局でお手軽カンタン糖尿病リスク測定  ~糖尿病の予防・早期発見でずっと健康・ずっと笑顔~

糖尿病は、自覚症状がないままに進行していく恐ろしい病気です。日々の健康管理はもちろん、糖尿病を早期に発見し、治療へとつなげることで「いつでも生き生きとした生活」を手にすることができます。行田市では、薬局で簡単に糖尿病にかかるリスクが測定できますので、是非ご利用ください。

Q1どの薬局で測定できますか。

A:行田市薬剤師会会員薬局のうち、次の12薬局で測定することができます。

薬局名 住所 電話番号
かもゐ漢方薬局 行田8-5 556-2209
さくらヶ丘調剤薬局 小見1399-6 553-5211
トーア薬局 長野1263-7 556-1402
土橋薬局 桜町2-25-13 556-2226
パルシィー薬局行田長野店 長野2-29-38 556-4193
フジイ薬局 若小玉111-1 554-5482
ふじみ薬局 富士見町2-3-8 564-1616
フレンド薬局 宮本16-24 501-8661
ミキ薬局埼玉行田店 佐間1-27-3 555-3191
よつば薬局 富士見町2-1-12 552-1193
薬局アポック行田店 富士見町2-17-1 564-1200
ファーコス薬局行田 佐間2-16-36 550-1007

Q2どんな測定をするのですか。

A:指先からごくわずかな血液を採取し、測定装置に入れるだけです。この測定で、糖尿病と密接な関係にある血液中のHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)の値から、糖尿病にかかるリスクがわかります。測定の結果、リスクが高い人または医師の診察が必要な人に対しては、薬剤師が生活習慣の改善や医療機関への受診を促します。

Q3測定にはいくらかかりますか。

A:市民の皆様を対象に、1回につき500円で測定できます。薬局の窓口で用意している申込用紙に必要事項を記入し、測定を受けてください。年間の測定回数に制限はありませんが、抗血栓薬の服用や出血性疾患のある方は測定できません。

Q4年齢制限はありますか。

A:未成年者が測定を希望する場合は、親権者の同意が必要となります。

お問い合わせ

健康福祉部保健センター健康づくり支援担当

電話番号:048-553-0053

ファクス:048-555-2551