行田市 > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 流行疾患 > 行田市新型コロナウイルスワクチン接種について

ここから本文です。

更新日:2021年10月13日

行田市新型コロナウイルスワクチン接種について

予約する予約はこちらをクリックしてください

【ご注意】接種日当日までにPCR検査を受検しその結果をお待ちの方、当日発熱を含め体調の優れない方、新型コロナウイルス感染の陽性と判定された方で療養期間中の方、濃厚接触者で健康観察中の方については、接種の延期をお願いいたします。
なお、接種会場への入場についてもお断りさせていただきます。

※下記ワクチンの接種に関する情報は、今後変更になる可能性があります。詳細が決まり次第、随時、市ホームページなどでお知らせいたします。

65歳以上の方こちらをクリックしてください

基礎疾患を有する方・高齢者施設等の従事者こちらをクリックしてください

市独自の優先接種対象の方こちらをクリックしてください

64歳以下の方こちらをクリックしてください

 新型コロナワクチンと他の予防接種の間隔について

新型コロナワクチン接種の前後に他の予防接種をする場合は、原則として13日以上の間隔が必要です。

季節性インフルエンザワクチン接種がまもなく開始されます。また、その他の予防接種も実施されていますので、接種間隔にご注意ください。

接種会場

接種会場は、個別接種会場と集団接種会場があります。

個別接種会場 

医療機関名(50音順)

住所

予約方法

妊婦の

接種 

備考

予約システム(※)

医療機関に直接連絡

赤井胃腸科

門井町2-10-32

×

×

 

石井クリニック

下忍1089-1

×

×

 

川島胃腸科

佐間1-18-39

×

年齢制限あり(20歳以上)

行田協立診療所

本丸18-3

×

×

かかりつけ患者及び往診患者家族などが対象

行田総合病院

持田376

×

 

行田中央総合病院

富士見町2-17-17

×

妊婦は母子健康手帳を持参

栗原医院

本丸11-35

×

×

年齢制限あり(16歳以上)

小林内科医院

谷郷2026-1

×

×

年齢制限あり(16歳以上)

根本医院

行田10-22

×

×

かかりつけ患者のみ

ハピネス診療所

長野7296-1

×

×

 

南川げんきクリニック

小見1400-1

×

×

 

やまかわ内科クリニック

壱里山町18-6

マルオカビル2F

×

 

吉田記念山本クリニック

埼玉4719

×

×

市民のみ

集団接種会場

会場名

住所

予約方法

妊婦の

接種 

備考

予約システム(※)

医療機関に直接連絡

行田市総合体育館
(行田グリーンアリーナ)

和田1242

×

×

                

※予約システムを通した予約方法は、①LINE②インターネット③電話のいずれかとなります。

 新型コロナワクチン接種を検討しましょう

新型コロナウイルス感染症の新規陽性者が増加し、重症化して入院する方も増えています。若年層でも重症化し、集中治療室での治療や人工呼吸等による治療が必要となりますので、若年層であっても感染防止の徹底が求められます。

  • 感染時の症状の有無に関わらず、回復後にも後遺症としてさまざまな症状が見られる場合があります。
     (例) 疲労感、味覚・嗅覚障害、息苦しさ、脱毛
  • 後遺症は、数か月間など長期にわたって症状が続く場合があります。

自分自身を守り、大切な人の命を守るために、ワクチン接種が有効です

ワクチン接種は強制ではありません。予防接種による感染予防効果と副反応のリスクの双方について、ご理解いただき、自らの意思による同意の上で接種を受けてください。

ワクチン接種のメリット・デメリットやQ&Aなどの詳細はこちら 

埼玉県新型コロナウイルスワクチン特設サイトはこちら(外部サイトへリンク)

  • サイト内のコンテンツ
  1. 新型コロナやワクチンの関連記事
  2. コロナ禍における若者の日常を描いたショートドラマ
  3. 大学生と感染症専門家とのトークセッション

 新型コロナワクチン接種後も感染予防対策をお願いします

新型コロナワクチンを接種した方は、新型コロナウイルス感染症の発症を予防できると期待されていますが、発症予防効果は100%ではなく、接種した方から他人への感染をどの程度予防できるかはまだ分かっていません。また、感染力が強いとされる変異株の感染が拡大しています。
ワクチン接種後も手洗いやマスクの着用など基本的な感染予防対策の継続をお願いします。

【継続が必要な感染予防対策】
・石けんによる手洗い
・手指消毒用アルコールによる消毒の励行
・マスクの着用
・3つの密(密集・密接・密閉)の回避

 ワクチン接種状況をお知らせします(令和3年10月12日時点)

市ホームページ及び市役所本庁舎玄関でワクチン接種状況をお知らせします。
1週間に1回のペースで情報を更新していきます。

ワクチン接種状況(全対象者)(PDF:170KB)
【内訳】
ワクチン接種状況(65歳以上)(PDF:180KB)
ワクチン接種状況(64歳以下)(PDF:179KB)

 国・埼玉県が設置するワクチン集団接種会場について

国や埼玉県でもワクチンの集団接種会場を設置しています。

国と県では、接種対象者が異なりますのでご注意ください。
なお、行田市の接種会場で予約している方は、必ず予約の取り消しを行ってください。

県北部ワクチン接種センターに空きがあります。(令和3年9月27日現在)

埼玉県では、熊谷文化創造館(さくらめいと)において、新型コロナウイルスワクチン接種を行っております(名称:北部ワクチン接種センター)。
このたび9月30日(木)から対象を12歳以上に拡大しました。
現在9月30日(木)~10月3日(日)の予約受付中です.まだ接種されていない方で御希望の方がいらっしゃいましたら、お早めに以下のサイトから予約をお願いします。

※会場名は「北部ワクチン接種センター」ですのでお間違いようお気を付けください。

※9月30日からは「モデルナ製ワクチン」となります。

自衛隊大規模接種センター(外部サイトへリンク) 

 アストラゼネカ社製ワクチンの埼玉県内での接種について

対象者

埼玉県在住の18歳以上で、以下のいずれかに該当する方
①ポリエチレングリコールに対するアレルギー等でmRNAワクチンを接種できない方
②海外でアストラゼネカ社製ワクチンを1回接種済みの方
③40歳以上でアストラゼネカ社製ワクチンの接種を希望する方

県接種会場

埼玉県南部ワクチン接種センター

市町村が設置する接種会場

原則として各市に居住している方に限りますが、市外の方でも受け入れる医療機関があります。医療機関で接種の準備が整ったら、県ホームページに順次掲載されます。

設置市町村・・・川口市、戸田市、久喜市、坂戸市

詳しくは、県ホームページhttps://www.pref.saitama.lg.jp/a0710/covid-19/az.html(外部サイトへリンク)

 新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付について

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を発行します

新型コロナウイルス感染症の予防接種を受けた方で、海外への渡航予定がある方へ接種証明書(ワクチンパスポート)を発行します。
証明書の発行には申請が必要ですので、渡航までの日数に余裕をもって申請してください。

【申請開始】令和3年7月26日(月曜日)から
【対象】接種日現在、本市に住民登録があり、海外への渡航予定のある方
【申請方法】次の書類を添えて、直接または郵送で保健センターへ提出してください。
1.接種証明書交付申請書(エクセル:19KB)
2.旅券(パスポート)の写し(有効期限内のものに限ります)
3.行田市発行のクーポン券(接種券)
※3.がない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でも構いません。
4.接種済証または接種記録書
(場合によって、必要な書類)
5.【旅券(パスポート)が旧姓・別姓・別名表記の場合】旧姓などが確認できる書類
6.【代理人による請求の場合】委任状(PDF:52KB)
7.【郵送の場合】84円切手を貼り、返送先を記載した返信用封筒(本人確認書類に記載の住所に限ります)
【送付先】〒361-0023田市長野2-3-17田市保健センターワクチンパスポート申請担当

(関連リンク)
【厚生労働省】海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(外部サイトへリンク)
【外務省】海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(外部サイトへリンク)

ワクチンの接種に関する同意について

ワクチンの接種は強制ではありません。ワクチンの接種を受ける方には、予防接種による感染症予防効果と副反応リスクの双方についてご理解いただき、自らの意思による同意の上で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
ワクチンの情報については、下記の厚生労働省のホームページなどをご参照ください。
厚生労働省:新型コロナワクチンについて(外部サイトへリンク)

 ワクチン接種に関する差別などの防止について

新型コロナウイルスワクチンの接種を受けることは強制ではありません。感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただくことになります。
体質や持病などさまざまな事情により、ワクチンを接種できない人もいます。
接種していない人に対して、接種の強制や差別、不利益な取り扱いを行うことのないよう、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

⇒職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口はこちら(外部サイトへリンク)
⇒人権相談に関する窓口はこちら(外部サイトへリンク)

接種優先順位

ワクチンの供給量によっては、接種時期が変更又は、細分化される可能性があります。

第1グループ

医療従事者等(新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者など)

  • 国の医療従事者等の範囲に示された、新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者含む)の搬送に携わる救急隊員及び救急隊員と連携して出動する消防職員
  • 国の医療従事者等の範囲に示された、接種会場で不特定多数の来場者と頻繁に接する市職員等

第2グループ

65歳以上の方和4年3月末時点で65歳以上に達する人(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

ワクチンの供給量が限られるため、以下の順で接種を実施します。

1.長期療養の入院患者→2.施設入所者→3.一般在宅

第3グループ

基礎疾患を有する者(高齢者の方以外)

厚生労働省が提示している「接種順位の上位に位置付ける基礎疾患を有する者」とは、以下の通りです。
詳細は、参考:「接種順位の上位に位置付ける基礎疾患を有する者について」(3月22日現在)(PDF:235KB)をご覧ください。

高齢者施設等の従事者

第4グループ

【市独自】市内の次の施設に勤務されている65歳未満で、新型コロナワクチンを接種していない方
1.高齢者施設(居宅サービス)、2.障害福祉サービス等事業所、3.保育所・認定こども園・地域型保育事業所・認可外保育施設・幼稚園、4.小学校・中学校、5.学童保育室

第5グループ

64歳から12歳の方

クーポン券(接種券)の再発行について

クーポン券(接種券)再発行の対象者

転入された方※市内で転居された方は、そのままお使いいただけます(再発行不要)
クーポン券(接種券)を紛失又は破損された方
クーポン券(接種券)が届かない方
予診のみ券を2回使った場合など

再発行の申請先

行田市保健センター【住所】〒361-0023行田市長野2-3-17【電話】048-553-0053
・行田市役所高齢者福祉課【住所】361-8601行田市本丸2-5【電話】048-556-1111(内線278・338)

申請方法

  1. 窓口申請
  2. 電話による申請
  3. 郵送申請…下記の「接種券再発行申請書」をダウンロードし、必要事項を記載の上、返信用封筒を同封して上記申請先に郵送してください(転入の場合は前住所地の接種券を、破損の場合は破損した接種券を同封の上、郵送してください)

接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)(ワード:17KB)

申請時に必要なもの

転入の場合…前住所地で発行されたクーポン券(接種券)
・破損の場合…破損したクーポン券(接種券)
・予診のみ券を2回使った場合…残っているクーポン券(接種券)

交付方法

窓口又は郵送にて交付します

住所地外接種について

新型コロナワクチンの接種対象者については、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外の市町村に長期滞在している方は、その市町村で接種を行うことができます。長期滞在している市町村に「住所地外接種届」の届出を行い、その市町村が発行する「住所地外接種届出済証」を持参いただければ接種することが可能です。
行田市に住民票のない方が行田市内でワクチン接種を受けられる場合は、事前に行田市に「住所地外接種届」の届出を行う必要があります。

対象者

行田市外に住民票があり、行田市内に長期滞在し市内の医療機関で接種を希望する方

行田市に届出が必要な方

出産のため里帰りしている妊産婦
・単身赴任者
・遠隔地への下宿をしている学生
・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待およびこれらに準ずる行為の被害者(住民票所在地の接種券をお持ちの方)
※取り寄せが困難な場合は行田市へお問い合わせください。

行田市に届出が不要な方

入院・入所者
・基礎疾患等を持つ方で主治医の下で接種する方
・災害による被害にあった方
・勾留または留置されている方
・受刑者
・「住所地外接種届」に届出を行うことが困難である方

東日本大震災により避難されている方は住民票のある避難元市町村から「クーポン券(接種券)」と「住所地外接種届出済証」が送付されます(避難の届出をしている方に限る)。福島県ホームページ(【新型コロナ】新型コロナワクチン接種について)(外部サイトへリンク)

届出方法

住民票所在地の市町村からクーポン券(接種券)が届いた後に、電話、郵送、窓口のいずれかで届出を行ってください。

電話の場合

行田市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話番号048-556-1115
受付時間:毎日(土曜日、日曜日、祝日を含む)午前9時から午後5時まで
※お手元に住民票所在地の市町村から届いたクーポン券(接種券)をご用意ください。

「住所地外接種届出済証」の発行

後日郵送(行田市の接種順位に達したとき)

郵送の場合

届出に必要なもの

「住所地外接種届」(ワード:18KB)
・住民票所在地の市町村から届いたクーポン券(接種券)の写し

宛先

〒361-0023玉県行田市長野2-3-17
行田市保健センターワクチン接種担当

「住所地外接種届済証」の発行

後日郵送(行田市の接種順位に達したとき)

注意事項

封筒に「住所地外接種届在中」とお書きください。
・郵便事故による不着の責任は負いかねます。ご心配の場合は、配達記録郵便や書留郵便をご利用ください(郵便料自己負担)。

窓口の場合

届出に必要なもの

「住所地外接種届」(ワード:18KB)
・住民票所在地の市町村から届いたクーポン券(接種券)の写し

窓口

行田市保健センターワクチン接種担当(行田市長野2-3-17)

「住所地外接種届済証」の発行

後日郵送(行田市の接種順位に達したとき)

届出後の流れ

1田市に「住所地外接種届」により届出をする。
2田市から「住所地外接種届済証」が交付される。
3田市で予約を取る。
4種当日に、クーポン券(接種券)と「住所地外接種届済証」、本人確認書類を持参する。※「住所地外接種届済証」は2回目の接種時にも使用します。

行田市に住民票がある方が行田市外で接種を希望する場合

接種を希望する市町村にご確認ください。なお、接種には行田市が発行したクーポン券(接種券)が必要です。

新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報

新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報を以下に掲載しています。内容は随時更新されます。

問い合わせ

行田市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

「新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター」を、令和3年2月3日に設置しました。
接種の手続き等に関する一般的な相談に対応します。

電話:048-556-1115

受付時間:午前9時~午後5時(土日祝日も実施)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチン接種の施策の在り方等に関する意見、問い合わせ

電話:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:午前9時~午後9時(土日祝日も実施)

埼玉県新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

ワクチン接種後の副反応について、副反応による受診の必要性など、市町村では対応困難な医学的知見が必要になる相談

(看護師や医師が対応)

電話:0570-033-226(ナビダイヤル)

聴覚障がいの方向けFAX:048-830-4808

受付時間:24時間対応(土日祝日も実施)

詐欺にご注意ください

「ワクチンの予約にはお金が必要」、「今申し込めば、早く接種できる」などの電話をかけ、お金を振り込ませようとする詐欺が発生しています。

市からこのような電話をすることはありません。このような電話には応じないでください。また、電話があった場合は、警察へご相談ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保健センター成人担当

電話番号:048-553-0053

ファクス:048-555-2551