ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 子育て支援事業 > ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

ここから本文です。

更新日:2018年4月20日

ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

内容

ひとり親家庭の家庭のより良い条件での就業を支援するため、高等学校卒業程度認定試験(以下「高卒認定試験」という。)に合格するための講座を受け、修了した時及び合格した時に受講費用の一部を支給します。

対象となる方

市内に住所を有する20歳未満のお子さんを養育しているひとり親家庭の母及び父またはその子(20歳未満)で、次の要件を全て満たす方

  • 児童扶養手当を受けているか、または同等の所得水準にある方
  • 高卒認定試験に合格することが適職に就くために必要であると認められる方
  • 高等学校卒業者、大学入学資格検定合格者など、既に大学入学資格を有していないこと

対象となる講座

民間事業者などが実施する「文部科学省 高等学校卒業程度認定試験」の合格を目指す対策講座。
ただし、高卒認定試験の試験科目の免除を受けるために高等学校に在籍して単位を修得する講座を受け、高等学校等就学支援金の支給対象となる場合は、対象外となります。

(注意)受講開始前に、対象講座の指定申請が必要です。

支給額

  •  受講終了時給付金・・・講座を終了した場合、受講経費の20%を支給します。(上限10万円、受講経費の20%が4,000円以下の場合は支給しません。)
  •  合格時給付金・・・高卒認定試験に合格した場合、受講経費の40%を支給します。(受講終了時給付金と併せて上限15万円)

申請について

申請の前に必ず事前相談をしていただく必要があります。

事前相談をしないで受講された場合、給付金は支給されません。

お問い合わせ

健康福祉部子ども未来課給付担当

電話番号:048-556-1111(内線292)

ファクス:048-556-3551