行田市 > 健康・福祉・子育て > 子育て > 子育て手当 > ひとり親世帯臨時特別給付金の支給について

ここから本文です。

更新日:2021年1月26日

  ひとり親世帯臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担うひとり親世帯に特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、こうした世帯の子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、ひとり親世帯臨時特別給付金を支給します。

この給付金には「1.基本給付」と「2.追加給付」の2種類があります。

申請はお済みですか?

給付金には申請期限があります。給付金の要件に該当する方で申請を行っていない場合は、お早めの申請をお願いします。ご自身が対象かどうかご不明な方は子ども未来課までご相談ください。

申請期限:令和3年2月28日(日曜日)

ひとり親世帯臨時特別給付金の申請期限が迫っています(ご案内)

1.基本給付

 基本給付の再支給を行います。

 詳しくは、ひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付)の再支給についてをご覧ください。

(1)給付対象者

以下、1.~3.のいずれかに該当する方

  • 1.令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方
  • 2.公的年金等(※1)を受けていることにより、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方で、平成30年中(平成30年1月1日~平成30年12月31日まで)の収入額(公的年金の額を含む)が児童扶養手当の支給対象水準である方(※2)
  • 3.新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、急変後1年間の収入見込額が児童扶養手当の支給対象水準まで下がった方(※3)

(※1)遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など。
(※2)既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されたと推測される方も対象となります。

(※3)令和2年2月以降の任意の1か月の収入額を12か月換算した額が、児童扶養手当の支給対象水準であること。

(2)給付額

 1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

  (3)給付金の申請について

上記1.の方 申請は不要です。

8月下旬(予定)に児童扶養手当を受給している口座に振り込みます。

給付金の受け取りを希望しない場合には、令和2年8月7日までに受給辞退の届出が必要です。

上記2.の方 申請する必要があります。

令和2年8月3日(月曜日)から申請を受け付けます。

申請期間:令和2年8月3日~令和3年2月28日※早めの申請をお願いします。

 手続きに必要なもの
  • 印鑑(スタンプ印不可)
  • 申請・請求者本人確認書類の写し(運転免許証など)
  • 受取口座を確認できる書類の写し(通帳など※本人名義に限る)
  • 戸籍謄本(既に児童扶養手当の認定を受けている場合不要)
  • 年金額が分かる書類(平成30年1月~12月分)
  • 平成31年度所得課税証明書(平成30年1月~12月分)

申請者状況によって手続きに必要なものが異なります。

その他必要に応じて提出をお願いする場合があります。

上記3.の方 申請する必要があります。

令和2年8月3日(月曜日)から申請を受け付けます。

申請期間:令和2年8月3日~令和3年2月28日※早めの申請をお願いします。

 手続きに必要なもの
  • 印鑑(スタンプ印不可)
  • 申請・請求者本人確認書類の写し(運転免許証など)
  • 受取口座を確認できる書類の写し(通帳など※本人名義に限る)
  • 戸籍謄本(既に児童扶養手当の認定を受けている場合不要)
  • 令和2年2月以降の年金額が分かる書類(年金受給者のみ)
  • 令和2年2月以降の任意の1か月の収入(所得)の証明(給与明細書など)

申請者状況によって手続きに必要なものが異なります。

その他必要に応じて書類の提出をお願いする場合があります。

2.追加給付

(1)給付対象者

上記「1.基本給付」対象者の1.又は2.に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

(2)給付額

1世帯5万円

(3)給付金の申請について

申請する必要があります。

令和2年8月3日(月曜日)から申請を受け付けます。

児童扶養手当受給者の方は、定例の現況届提出時(8月)に合わせて、収入が減少している旨の申請を行ってください。

 

 ひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付)の再支給について

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育ての負担増加や収入の減少に対する支援を行うため、ひとり親世帯臨時特別給付金を支給していますが、依然として厳しい状況にあるひとり親世帯を支援するため、基本給付の再支給を行います。

ひとり親世帯臨時特別給付金「基本給付」再支給のご案内(PDF:550KB)

※まだ、基本給付の申請を行っていない方は、今回の基本給付の再支給の申請を併せて行うことで、支給を受けることができますので、令和3年2月28日までに申請してください。

詳しくは、給付金の申請についてをご覧ください。

支給の対象となる方

以下の1から3のいずれかに該当する方で、既にひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付)の支給を受けている方。

  1. 令和2年6月分の児童扶養手当受給者
  2. 公的年金等を受給していることにより、児童扶養手当の支給が停止されているひとり親世帯で、収入が児童扶養手当受給者と同じ水準となる方
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変したひとり親世帯で、収入が児童扶養手当と同じ水準となる方

※基本給付の支給を他の市区町村から受給した方は、当該市区町村から再支給されます。

給付額

1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

申請方法 

 既に基本給付の支給を受けている方

 申請不要です

これから基本給付の申請を行う方

 給付金の申請についてをご覧ください

支給日 

令和2年12月25日(金曜日)

基本給付を支給した口座に振り込みます。

※新規申請者は指定口座に随時支給

再支給を辞退される方

給付金の受け取りを希望しない場合には、受給辞退の届出が必要です。

「ひとり親世帯臨時特別給付金受給拒否の届出書」に必要事項を記入し、子ども未来課へ提出してください。

 【基本給付】ひとり親世帯臨時特別給付金受給拒否の届出書(PDF:59KB)

 

厚生労働省ホームページ・「ひとり親世帯臨時特別給付金」コールセンター

ひとり親世帯臨時特別給付金の詳細については、下記、厚生労働省ホームページ又は専用コールセンターにお問い合わせください。

厚生労働省「ひとり親世帯臨時特別給付金」コールセンター

0120-400-903(受付時間 平日9時00分~18時00分

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部子ども未来課給付担当

電話番号:048-556-1111(内線292)

ファクス:048-556-3551