ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 人間ドック・脳ドック検査料助成制度

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

2019年度 人間ドック・脳ドック検査料助成制度

■対象者(4月1日以降に受検した方でいずれも次の条件を全て満たしている方)

◎行田市国民健康保険

①行田市国民健康保険の被保険者で、受検日において加入してから4か月以上経過している方

②受検日において、満35歳以上の方

③国民健康保険税を完納している世帯の方

④特定健康診査を受診していない方

 

◎後期高齢者医療保険

①埼玉県後期高齢者医療制度の被保険者で、市内に住所を有する方

②後期高齢者医療保険料を完納している方

③健康診査を受診していない方

 

■検査種別 人間ドック・脳ドック・併診ドック

 ※併診ドックとは、人間ドックと脳ドックの同時受検のことを言います。

 ※市の助成を受ける人間ドック・併診ドックと特定健康診査(後期高齢者健康診査)は、選択制となります。

人間ドック・併診ドックを受けた方は、特定健康診査(40歳以上の方)(後期高齢者医療保険の方は健康診査)を受けられなくなります。また、特定健康診査や健康診査を受けた方は、後日、人間ドック・併診ドックを受けられなくなります。

  なお、誤って両方を受けてしまった場合、特定健康診査や健康診査の費用(9,482円~12,560円)を返還していただくことになります。

※脳ドックのみの受検の方は、特定健康診査や健康診査は受診できます。

 

 

■助成金額

~指定医療機関(市内)の場合~

検査

助成

自己負担

人間ドッ

39,960

(※)

28,000

11,960

(※)

脳ドッ

医療機関が定める

20,000

検査料から20,000円を控除した

併診ドッ

医療機関が定める

40,000

検査料から40,000円を控除した

 ※検査料、自己負担額ともに、消費税額変更後は金額が変更になる場合があります。 

~指定医療機関以外の場合~

検査

助成

人間ドッ

医療機関が定める

上限28,000

脳ドッ

医療機関が定める

上限20,000

併診ドッ

医療機関が定める

上限40,000

※検査内容によっては、別途追加料金が発生する場合がありますので、医療機関にご確認ください。

※人間ドックと脳ドックを同じ医療機関にて同時に受検する場合は、必ず併診ドック扱いとなります。

※人間ドック及び脳ドックを別々に受検する場合、助成金額は40,000円が上限となります。

※検査費用が助成金額を下回った場合は、検査費用が助成の上限額となります。

※検査項目は全て受検してください。(全ての検査項目に対する検査料の助成のため、自己判断で検査項目を受検しなかった場合、助成ができないことがあります。)

 

■申込手順

1 ~指定医療機関で受検する場合~

① 直接、受検する指定医療機関に予約してください。

② 市役所保険年金課で申請書を記入・提出し、承認決定通知書を受け取ってください。

※申請の際には印鑑(朱肉を使うもの)、保険証、特定健康診査又は健康診査受診券(40歳以上の方、人間ドック・併診ドックの場合のみ)をご持参ください。

 必ず事前申請が必要ですドック受検後は申請できませんのでご注意ください。

③予約した日に保険証と承認決定通知書を持参し、検査を受けてください。

(当日は、自己負担額を医療機関にお支払いください。)

 ※人間ドックと脳ドックを別々に受検する場合、後日受検する検査の助成については、事前申請は不要です。この場合、窓口で検査料の全額をお支払いいただいた後、保険証、人間ドック等の領収書の原本、検査結果表の原本、預金通帳、印鑑(朱肉を使うもの)、特定健康診査又は健康診査受診券(40歳以上の方、人間ドックの場合のみ)を持参の上、受検日から3か月以内に、市役所保険年金課に申請してくださいなお、やむを得ない理由により、3カ月以内に申請できない場合には、保険年金課までご連絡ください。

 

2 ~指定医療機関以外(市外医療機関を含む)で受診する場合~

    医療機関で検査を受け、検査費用を全額支払ってください。

 ② 保険証、人間ドック等の領収書の原本、検査結果表の原本、預金通帳、印鑑(朱肉を使うもの)、特定健康診査又は健康診査受診券(40歳以上の方、人間ドック・併診ドックの場合のみ)を持参の上、受検日から3か月以内に、市役所保険年金課に申請してくださいなお、やむを得ない理由により、3カ月以内に申請できない場合には、保険年金課までご連絡ください。

 ※助成には、市で定める検査項目(下記表の検査項目)を満たすことが必要となります。なお、領収書と検査結果表は、写しを取らせていただきます。

 ※再度、質問票にご記入していただくことがございます。

 ③ 後日、助成額をご指定の口座に振り込みます。

  

■検査項目

(人間ドック)

検査項目

検査内容

身体計測

問診・身長・体重・腹囲・BMI

血圧測定 血圧

血液一般検査

(貧血・血液病等)

血液型・(ABO、RH)・血色素量・赤血球・白血球

血小板・ヘマトクリット・血沈・血液像

血液生化学検査

(肝機能・腎機能・循環器機能)

総たん白・中性脂肪・LDLコレステロール・HDLコレステロール・

尿素窒素・尿酸・アルブミン・A/G比・クレアチニン・ZTT・AST・ALT・AL-P・総ビリルビン・LDH・γ-GT・空腹時血糖・HbA1C・CRP・RA・HBS抗原・HCV抗体

尿検査(腎機能・肝機能・糖尿病)

たん白・ウロビリノーゲン・尿糖・沈査

便検査(消化器機能)

免疫学的便潜血反応2回法

※レントゲン検査 

(胸部・食道・胃)

胸部(大角1枚)・食道・胃(6枚内スポット2枚)

心電図検査(循環器機能)

最低12誘導(安静時)

超音波検査

腹部超音波エコー(肝臓・胆のう)

※ レントゲン検査における(食道・胃)については、レントゲン検査若しくは胃カメラの選択となります。

※ 検査項目は全項目受検してください。

 

(脳ドック)

検査項目

検査内容

問診・血圧測定

総合検査

MRI(MR断層検査)・MRA(MR血管検査)

 

(併診ドック)人間ドックと脳ドックを合わせた検査項目及び内容

 

    各ドックにおいて、上記以外の検査を希望する場合は、医療機関によって対応できるもの、できないものがあります。また、食道・胃検査において胃カメラを選択する場合や検査項目以外の検査を希望する場合は、別途追加料金が発生する場合がありますので、医療機関にご確認ください。

 

■指定医療機関

(人間ドック)

医 療 機 関 

所  在  

電話番

いわね内科クリニック

佐間2-16-31

554-1313

()川島胃腸

佐間1-18-3

553-000

行田協立診療

本丸18-

556-458

(医)壮幸会行田総合病院

持田376

552ー1111

()行田中央総合病院健康管理センター

冨士見町2-17-17

553-2426

()栗原医院

本丸11-35

556-2272

ハピネス診療

長野7296-

559-008

松原医

長野1-31-1

553-670

やまかわ内科クリニッ

壱里山町18-6マルオカビル2F

564-148

(脳ドック)

医 療 機 関 

所  在  

電話番

()石井クリニッ

下忍1089-

555-351

()壮幸会行田総合病院

持田376

552-1111

()行田中央総合病院健康管理センター

富士見町2-17-17

553-2426

※休診日等につきましては、医療機関へご確認ください。

 

■問い合わせ

 

 ・国民健康保険ドックについては保険年金課・国保担当(内線271・272)

 ・後期高齢者医療保険ドックについては保険年金課・医療担当(内線227)

お問い合わせ

健康福祉部保険年金課国保担当

電話番号:048-556-1111(内線271)

ファクス:048-554-0199