ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 医療費の還付を装った詐欺にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2016年7月15日

医療費の還付を装った詐欺にご注意ください

市内で、「医療費の還付金があります」という内容の電話が多発しています。

行田市役所や日本年金機構などの職員を名乗り、コンビニのATM(現金自動預払機)に向かわせ、携帯電話で操作させて口座のお金をだまし取る、「還付金詐欺」の電話ですので、ご注意ください。

還付金詐欺の手口

1.還付金をATMで受け取るよう誘い出す。

市役所や日本年金機構などの職員を装って、電話をかけてきます。

「医療費の還付があります。携帯電話とキャッシュカードを持って、ATMで受け取ってください」などと金融機関やコンビニエンスストアのATMに誘い出します。

2.ATMコーナーから電話するように指示する。

犯人は、ATMコーナーに着いたら携帯電話で連絡するように指示します。

3.ATMの操作を指示し、資金を振り込ませる。

犯人は電話でATMの操作を指示し、還付の手続きと誤解させて振り込みをさせます。

被害にあわないために

次のような点に注意いただき、被害にあわないように気をつけてください。

  • 市役所などから医療費の還付について、電話することはありません。
  • 金融機関やコンビニのATMで還付することはありません。
  • 「携帯電話」を持って「ATM」へと言われたら還付金詐欺です。
  • ATMで還付金を受け取るように指示する電話がかかってきたら、まずは家族や警察などに相談してください。

お問い合わせ

健康福祉部保険年金課国保担当

電話番号:048-556-1111(内線271)

ファクス:048-554-0199