ホーム > 防災・安全 > 防災 > 放射線情報 > 行田市内の放射線について > 第1回測定結果

ここから本文です。

更新日:2015年11月17日

第1回測定結果

  • 市では、平成23年10月24日から11月4日にかけ独自に公共施設(小・中学校、保育園、幼稚園、公園、公民館など311施設)の側溝や雨どいの排出口など、比較的放射線量が高いとされている場所の放射線量測定を実施しました。 

放射線量の測定結果

  • 311施設3968地点を地上1cm、50cm、1mで測定しました。
  • 文部科学省が策定した「放射線測定に関するガイドライン(平成23年10月21日策定)」及び「学校等における放射線測定の手引き(平成23年8月26日策定)」で除染を行う上での目安としている地上1m(小学校以下においては50cm)で毎時1マイクロシーベルト以上の地点はありませんでした。

  市内の公共施設における測定値

雨どいの下の地上1cmで毎時1マイクロシーベルト以上となった場所

  • 雨どいの下の地上1cmで、毎時1マイクロシーベルト以上のところが4地点で確認されました。
  • いずれの地点も、文部科学省の除染の目安である地上1m(小学校以下においては50cm)において、毎時1マイクロシーベルトを下回っており、通常市民が立ち入る場所ではなく、健康への影響はないと思われますが、市民の不安を払拭するために除染作業を実施しました。
  • 除染作業後再測定した結果、全ての地点で毎時1マイクロシーベルトを下回りました。

老人福祉センター大堰永寿荘(平成23年10月27日測定)

地上高

除染前測定値

除染後測定値

1cm

毎時1.87マイクロシーベルト

毎時0.74マイクロシーベルト

50cm

毎時0.48マイクロシーベルト

毎時0.42マイクロシーベルト

教育文化センターみらい南側(平成23年10月28日測定)

地上高

除染前測定値

除染後測定値

1cm

毎時1.10マイクロシーベルト

毎時0.24マイクロシーベルト

50cm

毎時0.12マイクロシーベルト

毎時0.12マイクロシーベルト

長野公民館西側(平成23年10月28日測定)

地上高

除染前測定値

除染後測定値

1cm

毎時1.22マイクロシーベルト

毎時0.60マイクロシーベルト

50cm

毎時0.24マイクロシーベルト

毎時0.14マイクロシーベルト

富士見児童交通公園南側(平成23年10月28日測定)

地上高

除染前測定値

除染後測定値

1cm

毎時1.67マイクロシーベルト

毎時0.42マイクロシーベルト

50cm

毎時0.27マイクロシーベルト

毎時0.12マイクロシーベルト

今後の予定

現在のところ、市内では身体に影響を及ぼすような高い放射線量の場所は確認されておりませんが、引き続き監視活動を続けてまいります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部防災安全課防災担当

電話番号:048-556-1111(内線280)

ファクス:048-556-2117