行田市 > 防災・安全 > 防災 > 防災の基本 > 自主防災組織補助金について

ここから本文です。

更新日:2021年1月15日

自主防災組織補助金について

自主防災組織補助金とは

自主防災組織の育成・強化を図り、地域防災力の向上に資することを目的に、防災資機材を購入した際の補助制度を設けています。

自主防災組織ごとに何度でも申請することが可能です。

(ただし、前回補助金の交付を受けた年度の翌年度、翌々年度は申請できません。)

補助金申請の流れ

  1. 申請書提出(自主防災組織→防災安全課)※1
  2. 申請書審査(防災安全課)
  3. 補助額決定(防災安全課→自主防災組織)
  4. 実績報告書提出(自主防災組織→防災安全課)※2
  5. 補助額確定(防災安全課→自主防災組織)
  6. 請求書提出(自主防災組織→防災安全課)
  7. 補助金交付(防災安全課→自主防災組織)※3

※1:原則として資機材の購入前に申請してください。

※2:実績報告書には購入した資機材の写真等を添付してください。

※3:補助金の請求からお振込みまで、約1か月かかります。

補助額

基準額

1、世帯割額

(自主防災組織に加入する世帯数×300円)+50,000円

(上限額=100,000円)

2、実支出額

防災資機材の購入に要した実支出額

実際の補助額

基準額の1と2、いずれか金額の小さいほうの金額を実際の補助額とします。

(ただし、100円未満がある場合には、切り捨てた額とします。)

補助対象防災資機材

区分

品名

情報連絡用具 ハンドマイク、ハンドスピーカー、携帯用無線機、携帯用ラジオその他情報連絡活動に必要なもの
消化用具 消火器、ポリバケツ、ホース、消火活動服その他消火活動に必要なもの
救出救護用具 スコップ、バール、つるはし、ハンマー、掛矢、ジャッキ、のこぎり、はしご、救助用ロープ、リヤカー、担架、毛布、救急セットその他救出救護活動に必要なもの
避難用具 ヘルメット、作業服、腕章、コードリール、簡易トイレ、防水シートその他避難活動に必要なもの
給食給水用具 鍋、釜、やかん、飯ごう、携帯用コンロ、ポリタンクその他給食給水活動に必要なもの
訓練用具 訓練用消火器具、視聴覚機器(ビデオ教材等)その他訓練に必要なもの
その他 市長が防災資機材として必要であると

上記一覧に掲載のない物であっても、防災資機材として認められれば補助対象となりますのでご相談ください。ただし、消耗品(食料、飲料、薬、ばんそうこうなど)は補助対象外となります。

申請書

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部防災安全課防災担当

電話番号:048-556-1111(内線282)

ファクス:048-556-2117