行田市 > 防災・安全 > 防災 > 防災の基本 > 災害時の情報伝達手段について

ここから本文です。

更新日:2021年1月12日

災害時の情報伝達手段について

災害時の情報伝達手段

市では、災害時における市民の皆さまの安全確保のために、緊急情報を様々な手段で発信します。ここでは、市がどのような時に、どのような伝達手段で、どのような情報を発信するかを紹介します

(1)防災行政無線

市内に152局の屋外拡声設備(スピーカー)を整備しており、平時は行政情報や防犯情報を放送し、災害時は緊急情報を放送します。放送が聞き取れなかった場合や、聞き逃してしまった場合は、防災行政無線音声確認サービス(PDF:59KB)をご活用ください。

(2)緊急速報「エリアメール」、緊急速報メール

災害発生時等の通信混雑の影響を受けずに、携帯電話で市や国からの緊急情報を受信することができる、携帯電話会社が提供するサービスです。

事前の申し込みや、月額使用料、通信料などは不要です。誰でも無料でご利用いただけます。

  • 緊急速報「エリアメール」・・・提供:NTTドコモ(株)
  • 緊急速報メール・・・・・・・・提供:KDDI(株)、ソフトバンクモバイル(株)

一部の携帯電話およびスマートフォンでは、これらのメールを受信できない場合があります。詳しくは、各携帯電話会社のホームページをご確認ください。

(3)浮き城のまち安全・安心情報メール

市の防犯・防災に関する情報を配信している登録制メール(無料)です。防災行政無線の放送内容(定時放送を除く)も配信しているので、放送を聞き逃した場合や、聞き取れなかった場合に文字で確認することができます。

(4)その他の情報伝達手段

市公式SNS

市公式のLINE、Twitter、Facebookなど平時は広報ツールとして運用し、災害時には緊急情報を発信します。

避難情報等電話配信サービス(令和2年7月1日から運用開始)

市が発表する緊急情報を音声に変換し、ご自宅の固定電話や携帯電話に一斉送信するサービスです。

データ放送(NHK、テレビ埼玉)

市が発表した避難情報や、避難所開設情報を、テレビのデータ放送で確認することができます。 

コミュニティFM

市では、以下の放送局と協定を締結し、災害時に緊急情報の放送を要請します。放送を利用して市民の皆さまに広く情報の周知を図るものです。周波数は87.6MHzで、FMを受信できるラジオやスマートフォンのアプリで放送を聴くことができます。

<協定を締結している放送局>

  • FMクマガヤ87.6MHz

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部防災安全課防災担当

電話番号:048-556-1111(内線282)

ファクス:048-556-2117