ホーム > 「DV」かな?と思ったらご相談ください

ここから本文です。

更新日:2018年12月7日

男女共同参画推進センターVIVAぎょうだ

 「DV」かな?と思ったらご相談ください

 DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者や恋人など親密な関係にあるまたはあったものから振るわれる暴力のことです。次のチェックリストを用いて、支配があるかどうかご確認ください。1つでも当てはまる場合は、DVの可能性があります。1人で悩まず、すぐにVIVAぎょうだまでご連絡ください。(以下の●●は配偶者や恋人が入ります)。

□●●の言うことは絶対だ

□たとえ間違っていると思っても、●●に同調しなくてはならない
□自分の希望を●●に伝えるのはとてもエネルギーがいる □●●に自分の本音は絶対に言えない
□●●が帰ってくると緊張する □●●が怒り出すと、何とかなだめようとしてしまう
□●●を恐れている □●●の機嫌が良い状態であるためにはどんなことでもすると思う
□●●がいる前で電話をしたくない □どんなに自分が楽しんでいても●●の機嫌が悪くなるともう楽しむことはできない
□●●を待たせることはできないと思っている □●●についたうそがばれるのが怖くてしょうがない
□自分がどう感じるかよりも●●が怒らないかが基準になっている  
□●●の言動に意見できないと思っている (出典:NPO法人レジリエンスホームページより)

 

 VIVAぎょうだでは、DV、セクハラ、夫婦の問題などの悩みを専門の女性相談員があなたと一緒に考えます。相談は無料で秘密は固く守られます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

※相談は毎週木・土曜日、午後1時~4時の1時間単位での予約制です。

※土曜日の午後1時~2時は電話相談も受け付けます。

忍城パープルライトアップを行いました。

lightup2018

 毎年11月12日~25日の2週間は、「女性に対する暴力をなくす運動」週間です。

 期間中、女性に対する暴力根絶運動のシンボルであるパープルリボンにちなみ、「忍城のパープルライトアップ」を行いました。

 「女性に対する暴力をなくす運動」についての詳細は、内閣府男女共同参画局のホームページをご覧ください。 

お問い合わせ

市民生活部男女共同参画推進センター男女共同参画担当

電話番号:048-556-9301

ファクス:048-556-9310