ホーム > 暮らし > 地域コミュニティ・市民参加 > 市民協働 > 市民活動災害補償制度

ここから本文です。

更新日:2017年10月20日

市民活動災害補償制度

市では市民活動団体やボランティア団体の活動を支援するため、行田市市民活動災害補償制度を設けています。

この制度は、ボランティア活動中に起きた事故(市主催の行事を除く)で団体のメンバーなどが傷害や賠償責任を負った場合の負担を補償するものです。

保険料は全額市が負担しますので、登録要件を満たす団体であれば無料で登録できます。

登録要件

市内に活動の拠点を置き、地域社会活動、社会奉仕活動などの公益性のある活動を継続的、計画的に行っている団体。(ただし、政治、宗教および営利を目的とするものは除きます。)

加入している団体の例:自治会、ボランティア団体、青少年活動団体など

※スポーツや文化活動中に起きた事故は、補償の対象となりませんのでご注意ください。

補償の概要

 

補償内容

補償金額

賠償責任事故

(補填限度額)

【対人】1名につき1億円、1事故につき5億円

【対物】1事故につき500万円

※対人、対物ともに免責1万円以下
傷害事故

通院日額:2,000円

入院日額:3,000円

※事故当日から保険給付対象となります。

登録方法

登録を希望する団体は、行田市市民活動災害補償制度登録申請書(PDF:91KB)を地域づくり支援課に提出してください。(申請書は地域づくり支援課に用意してあります。)

その他

詳細は、行田市市民活動災害補償制度のご案内(PDF:237KB)をご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部地域づくり支援課協働推進担当

電話番号:048-556-1111(内線253)

ファクス:048-556-3083