ホーム > 暮らし > 手続き・証明 > 住民票と印鑑登録証明書、及びマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます

ここから本文です。

更新日:2019年11月8日

住民票と印鑑登録証明書、及びマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます

令和元年11月5日(火曜日)から、住民票と印鑑登録証明書、及びマイナンバーカードに旧姓(旧氏)を併記できる制度が開始されました。

婚姻等で氏に変更があった場合でも、従来称してきた氏をマイナンバーカード等に併記し、公証することができます。旧姓を各種の契約で活用することや、就職や仕事の場面での身分証明に役立ちます。

旧姓(旧氏)とは?

過去の戸籍上の氏のことです。氏は戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

 

概要については、以下のリンクをご覧ください。

 

旧姓(旧氏)併記の申請方法

旧姓(旧氏)を併記するためには、手続きが必要になります。

申請場所

市役所1階市民課

必要書類

  • 当該旧姓(旧氏)が記載されている戸籍謄本等から現在の氏が記載されている戸籍に至るすべての戸籍謄本等
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 請求書(記載(PDF:121KB)変更(PDF:123KB)削除(PDF:116KB)
  • マイナンバーカード又は通知カード(所有者のみ)

旧姓(旧氏)での印鑑登録も可能です

旧姓(旧氏)を併記されている方は、旧姓での印鑑登録も可能です。ただし、一人につき一つの印鑑のみでの登録となりますので、現在の姓と旧姓の両方の印鑑を登録することはできません。

登録できる印鑑について詳しくはこちら(「印鑑登録」)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部市民課市民担当

電話番号:048-556-1111(内線242)

ファクス:048-554-0199