ホーム > 暮らし > 人権 > 新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

ここから本文です。

更新日:2020年4月27日

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

新型コロナウイルスの感染が広がっていますが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで、感染した方やそのご家族、治療にあたった医療機関関係者、海外から帰国された方、外国人の方などに対する根拠のない差別的な書き込みが広がっているとの報道があります。

不確かな情報や誤った認識に惑わされて、誤解や偏見に基づく人権侵害につながることのないように、正確な情報(国や県などの公的機関から提供されるもの)を入手するよう努めていただき、冷静な行動をお願いいたします。

また、法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害にあった方からの人権相談を受け付けています。

困ったときは、一人で悩まず、相談してください。

  • みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

0570-003-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

  • 子どもの人権110番

0120-007-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

  • 女性の人権ホットライン

0570-070-810(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

  • 外国語人権相談ダイヤル

0570-090911(平日午前9時から午後5時まで)

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症に関連して(法務省)(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症に備えて(首相官邸)(外部サイトへリンク)

感染確認状況や関連情報(埼玉県)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

総務部人権推進課人権同和対策担当

電話番号:048-556-1111(内線221)

ファクス:048-554-0199