ホーム > 暮らし > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税グリーン化特例(軽課)の延長

ここから本文です。

更新日:2019年5月7日

軽自動車税グリーン化特例(軽課)の延長

平成29年度の税制改正において、軽自動車税グリーン化特例(軽課)が見直し重点化された上で、その適用期限が2年間延長されました。

グリーン化特例(軽課)とは

三輪以上の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、初回の車両番号指定を受けた日の属する年度の翌年度分に限り軽自動車税の税率を軽減する特例措置です。

延長期間と適用年度

税制改正により延長された期間と適用年度は次のとおりです。

  • 平成29年4月1日~平成30年3月31日の間に取得・・・平成30年度軽課適用
  • 平成30年4月1日~平成31年3月31日の間に取得・・・平成31年度(令和元年度)軽課適用

排出ガス性能及び燃費性能基準要件

上記期間において軽課対象となる排出ガス性能及び燃費性能基準は下表のとおりです。

  • 軽乗用車

燃料の種類等

排出ガス性能

燃費性能

軽減内容

電気

約75%軽減

天然ガス

平成30年排出ガス規制に適合するもの
又は
平成21年排出ガス規制に適合し、
かつ、平成21年排出ガス基準値から
窒素酸化物を10%以上低減したもの

ガソリン・

ハイブリッド

平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)
又は
平成30年排出ガス基準50%低減のもの

平成32年度燃費基準
+30%達成車

約50%軽減

平成32年度燃費基準
+10%達成車

約25%軽減

 

  • 軽貨物車

燃料の種類等

排出ガス性能

燃費性能

軽減内容

電気

約75%軽減

天然ガス

平成30年排出ガス規制に適合するもの
又は
平成21年排出ガス規制に適合し、
かつ、平成21年排出ガス基準値から
窒素酸化物を10%以上低減したもの

ガソリン・

ハイブリッド

平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)
又は
平成30年排出ガス基準50%低減のもの

平成27年度燃費基準
+35%達成車

約50%軽減

平成27年度燃費基準
+15%達成車

約25%軽減

 

軽課を適用した場合の税額

区分

標準税額

年税額

75%軽減

50%軽減

25%軽減

三輪車(660cc以下)

3,900円

1,000円

2,000円

3,000円

四輪以上の乗用、自家用車(660cc以下)

10,800円

2,700円

5,400円

8,100円

四輪以上の乗用、営業用車(660cc以下)

6,900円

1,800円

3,500円

5,200円

四輪以上の貨物、自家用車(660cc以下)

5,000円

1,300円

2,500円

3,800円

四輪以上の貨物、営業用車(660cc以下)

3,800円

1,000円

1,900円

2,900円

 


 

お問い合わせ

総務部税務課市民税担当

電話番号:048-556-1111(内線235)

ファクス:048-564-3761