行田市 > 暮らし > 税金 > 市民税・県民税の申告について

ここから本文です。

更新日:2021年1月5日

市民税・県民税の申告について

申告が必要な方

当該年1月1日時点で行田市にお住まいで、前年中に所得があった方は、下記の方を除き申告が必要となります。

  • 所得税の確定申告を行う方
  • 前年中の所得が給与のみである方(支払者から報告のない場合を除く)
  • 前年中の所得が年金のみである方(支払者から報告のない場合を除く)
  • 前年中の合計所得金額が38万円以下の方 (以下参照)

所得38万円の収入目安

所得と収入は金額が異なりますので、下記を参照しご確認ください。

  • 給与のみの場合 収入 93万円
  • 年金のみの場合(65歳未満の方) 収入 98万円
  • 年金のみの場合(65歳以上の方) 収入 148万円

※給与と年金の両方の収入がある場合は目安が異なりますので、ご自身の収入を把握したうえで、税務課市民税担当へお問い合わせください。

※令和3年度から所得金額の計算方法に変更があります。詳細は下記をご確認ください。

申告をしたほうがよい方

収入が給与のみ、もしくは年金のみの方や、合計所得金額が38万円以下に該当される方でも申告をしたほうが良い場合もありますので、下記を参考にご判断ください。

  • 収入が給与のみ、もしくは年金のみの場合で、源泉徴収票に記載されなかった項目(医療費控除、生命保険料控除、寡婦・ひとり親控除、給与・年金天引き以外の社会保険料控除など)を申告したい方
  • 収入は0だが、国民年金保険税の軽減や児童手当等の受給などを予定している方
  • 所得課税証明書が必要な方

申告の方法

市民税・県民税申告書をご記載いただき必要書類を添えて、提出していただきます。

毎年1月下旬頃、昨年中に市・県民税の申告書を提出した方を対象に市・県民税の申告書を送付しております。申告義務のない方につきましても、上記の事項を踏まえて申告書の提出をご検討ください。

提出先

行田市役所 税務課 市民税担当(14番窓口)

※申告相談の時期は、14番窓口で申告相談が出来ませんのでご了承ください。(記載済みの申告書を預かることは可能です。)

申告時期

1月から3月15日(土日祝日の場合は、翌開庁日まで)

※上記の時期を過ぎても申告は可能ですが、1回のお納め金額や証明書の発行時期が遅れるなど影響がありますので、ご注意ください。

※また、一定の期間を過ぎた場合は、申告を受けられませんのでこ注意のうえ、上記の期間に提出するようにしてください。

申告相談会のご案内

毎年、確定申告の時期と合わせて、下記のとおり申告相談会を行います。詳細は下記をクリックしてご確認ください。

※毎年1月に市役所庁舎内で実施していた給与所得者と年金所得者のための所得税還付申告書等作成会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、3密(「密閉」・「密集」・「密接」)を避けることが難しいため、今年度は中止いたします。

関連ページ

お問い合わせ

総務部税務課市民税担当

電話番号:048-556-1111(内線231)

ファクス:048-564-3761